フランスへ来て感じた『伝えられない』もどかしさ

こんにちは。
吉田佐和子(@sawaclarinet)です。

まだ全くフランス語が話せないわたしは、買い物するときも、レストランでご飯をするときも、人と話すときにいつも心拍数が上がります。

ドキドキ心臓が言っているのが分かります。

分からないフランス語、自分の覚えた言葉を使うと決めて、使ってみたものの、伝わらない発音。

もどかしい。

でも、こんなところで折れたくない。

「福知山のことは、佐和子さんに聞けば分かる」

日本に居たとき、そう言ってもらったのがとても嬉しかったし、そんな風に「パリのことは、佐和子さんに聞けば分かるかなって」と言ってもらえるくらいには、パリのことを知れたらいいな、なんてぼんやり思っています。

なのでパリのおいしいグルメを開拓したい!そんな思いで日々ビビりながらもお店に足を運んでいます。

ただ、30歳って昔のわたしなら「大人」だと思ってましたが、未だに1人でこういうオシャレな場所に行くのは背伸びしている感があって、きっと、これからも慣れることはない気がします。

木のぬくもりを感じるカフェとか日本家屋がやっぱり好きなんですよね。

ちょっと背伸びしてレストランに行ってみた

この日行ってきたのは、オペラ地区にある、オペラ・ガルニエ。

この写真に写ってる方を正面に見て、右手に進んで行くとレストラン『L’Opera Restaurant』があります。

店内は真っ赤でモダンな素敵な内装。

わたしが行った日は平日の昼間だったんですが、人も全然いなくて静かに過ごせました。

メニューはこんな感じ。

ほぼ下調べなしで行ったのですが、日本人が関わっているレストランだったとは。。

ムニュと呼ばれる「前菜+メイン+デザート」のコース料理はさすがに多いなぁ、と思ったので、「前菜+メイン」か「メイン+デザート」にすることに。

結局、オススメマークがついていたリゾットを注文しました♪

わたしは濃い味付けが苦手なんですが、このリゾットは程よい味付けで最後まで食べられました♪

一緒にいただいたワインも8ユーロくらいのものですが、とてもおいしかった。。

こちらに来てから飲むワイン、全部おいしく感じてしまうんですが、これは一体何故なんでしょう。

ただただ謎です。

食後にはデザートをいただいたんですが、パリに来てはじめてまともに食べたスイーツがこのチョコレートケーキでした。

スイーツは本当に甘いと聞いていましたが、

想 像 以 上 に 甘 い ! !

今度からデザートを頼むときはフルーツにしよう。。。

というか甘いものを食べすぎると胸焼けしちゃうので、わたしの場合「前菜+メイン」の組み合わせの方が合ってるんだなぁ、と気付きました。

ちなみに、これで49ユーロだったので、かなり豪華なランチになってしまいました。

ひ、一人でこの金額は本気でやばい。。。

人が少なかったのは、ただただ値段が高いからなのかもしれませんm(__)m

フランスは物価が高いので、お昼はお弁当を持参している人も多いそう。

せめて15ユーロ(しばらく住んでみてそれも高く感じてきた)くらいには抑えないとなぁ。。と反省しながらも、丁寧な接客(少しゆっくりめに話してもらってありがたかった…)と明るい内装に癒されたのでした。