フランスに行ったら仕事がなくなって大変だねって言った人に言いたいこと

4月からパリに住み始めたんですが、日本を離れるとき、色んな人にこう言われました。

演奏家は『演奏することでしか稼げない』って思ってる人って結構いるんですよね。


スポンサーリンク

場所を選ばずに稼ぐ方法はある

今はウェブが発達してるから場所を選ばずに働ける、どこにいてもパソコンさえあればお金を稼げる時代です。

クラウドワークスで記事を書く仕事をもらって月に10万以上稼いでる人もいるし、写真を売って稼いでいる人もいます。

【クラウドソーシング】ライティング初心者の僕が2ヶ月目で10万円稼げるようになった方法

画像・動画の素材サイト『PIXTA』https://pixta.jp/how_to_sell

こういう方法を知らない人は、海外へ行く=無収入になると思ってるみたいです。

無収入ってつらくない?

フランスに行くのは旦那さんの転勤によるもので、それについていく形なので、正直働かなくても大丈夫。

でも、無収入ってつらい。

収入って誰かの役に立ったことに対する報酬であって、もし自分が何か生み出すこともなく、無収入のままだったら自分の存在価値を肯定出来ない。。

それに、収入がゼロになることがすごく怖かったんです。

結局、フランスに居ても働いてます

結局、4月からフランスに住んでいますが、音楽家さんのブログコンサルをしたり、ライターとして記事を書いたり、音楽雑誌のコンテンツに対してアドバイスをするお仕事をしています。

また、ふるさとである京都府福知山市の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』の編集長も継続して行っています。

フランスに居ながら、演奏以外のことで稼ぐことも、福知山のことをすることも『出来ない』って思ってたら出来てなかった。

やるかやらないか、どっちかでしょ

結局、本当にやりたいなら、必死に『出来る方法』を探して、行動するしかないんですよね。

自分で稼ぐ力をもっと上げたいって思ってから、ブログの方向性を見直したり、文章を読むこと、書くこと、写真を撮ることなど、誰かに何かを伝えるために必要な力をそれぞれ磨くことを意識して取り組むようになりました。

インスタはこんな感じ。
渡仏前とは雰囲気も変わってきました。

これが即お仕事に繋がってるわけじゃないけど、常に誰かに見える形で、常に変化していける私で在りたい。

とりあえず、フランスに行ったら仕事がなくなって大変だねって言った人に言いたい。

あなたが心配されたような状況には一切なっておりません。

現場からは以上です。

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

自分のことが嫌いな人は自分が2人いると考えるとスッキリする

あなたの理想の生き方は?上質な時間と自由を愛する人生を送りた...

付き合ってないけど友達以上には思ってるって言われたらどうしま...

『いつかお会いしたいです』と軽々しく言える人たち

人に嫌われることより恐いのは何も行動せずに変化を怖がること

学生は発信しなくていい!って言ってる人は時代遅れじゃない?