センスがなくても大丈夫!オシャレなインテリアを揃えるための3つのポイント

わたしに『インテリアのセンスがある』なんて、今まで一度も思ったことはありませんでした。

でも、先日パリで買った家具をアップしたところ、色んな人からオシャレ!!と嬉しい反響をもらいました。

今わたしが暮らしているパリの新居はこんな感じです。

う、うれしい…!!

試行錯誤しながら必死に選んだ家具たちだったので、すごく嬉しかったです。

わたしにはセンスがあったんじゃなくて、観察力があっただけ。

誰でもおしゃれな家具を揃えることは出来るんです。

今回この家具を揃えるために工夫した、誰でもすぐに真似できるオシャレなインテリアを揃えるための法則をご紹介します。

1.自分の好みをしっかり把握する

インテリアのショールームをイメージしてみてください。

必ず、何らかのテーマがあったり、色や素材などで統一されています。

その統一感がたくさんあるインテリアをすっきり見せているんです。

わたしはミニマリストなので物はたくさん持ちませんが、物をスッキリ見せるために統一感をだすことが大事!

そのためには、まずはあなた自身の好みを知らなければ話になりません。

好みのイメージを膨らませるためには、インスタグラムがオススメです。

わたしの場合、『パリ』『家』『インテリア』といったキーワードを選択してタグで検索して、パリのインテリアを使ってコーディネートしてあるお家をとにかく見ていました。

気に入ったものは保存して、集まった写真をさらに整理して自分の理想としているものが視覚的に分かる状態を作るんです。

こんな風にインテリアのブランドをタグ付けしてくれている投稿もあったりして、すごく参考になりました。

リビングの家具はこの写真の配色や素材感を参考に、ソファーとテーブルを揃えました。

2.これはいる『かなぁ?』と思ったものは絶対買わない

物を買うときにこれはいるかなぁ?と思うときがありますよね。

こういうときは、絶対に買わない方がいいです。

絶対に欲しい!これが好き!と思ったものだけ買うのがコツです。

この判断の仕方をすることによって、無駄に物が増えるのも防ぐことができるし、自分の求める世界観にぴったりな物に出会うとすぐにセンサーが反応するようになります。

妥協したら、そこからオシャレな世界観が崩れていきます。

諦めずに自分の望む家具をかってあげましょう。

3.機能性は少し我慢する

最後は、ちょっと我慢すること。

例えば、この机はそんなに収納スペースがありません。

もっと収納力のある机もたくさんありましたが、デザイン性を重視しました。

また、このタンスもあまり収納はできません。

機能性もデザイン性も兼ね備えた〜とかいう文言を聞くこともありますが、まずはデザインを優先させましょう。

フランスには椅子に座った時に、お尻の方へ向けて少し斜めになっているものもあって、さすがにそこはまっすぐじゃないと落ち着かない!と思って、まっすぐなものを探しましたが、何といってもまずはデザイン!と思って通販サイトを見ていました。

ちなみに、わたしはMAISONS DU MONDEというとても可愛い家具屋さんが気に入ったので、ほとんどの物をそこで買いました。

自分のお気に入りのショップが見つかった時は、そこで揃えるのもいいですよね。

まとめ

センスのある人は色んな場所から色んなインテリアをコーディネート出来ますが、そうじゃない人はそんなことできません。

まずは、自分の理想としているものをたくさん見て、目に焼き付けること。

そして、それをそっくり真似するんです。

同じ商品はないかもしれないけど、配色や素材感などを真似すれば、自然にオシャレな空間が出来上がります。

センスが備わってないときは、変に我を出しすぎるとごちゃごちゃになります。

徹底的に真似をしましょう!

目が鍛えられると、ハイブランドのもので揃えなくてもIKEAやニトリなどのサイトを見ても「あ、これ似てる」と反応するようになります。

また、壁の色や床の色がすごく大切です。

理想のインテリアを探す際に、コーディネートしたい部屋の壁や床の色と同じ写真を探すといいですよ。

素敵な部屋に住むと、気分がとても晴れやかです。

物が少ないと、お掃除も楽だし、思考も整理できますよー!

ぜひ試してみてくださいね♪

オシャレな家具の前に断捨離!という方はこちらの本がおすすめ

オシャレなインテリアにチャレンジしてみたい!と思ったけど、物が多くて統一感が出せない人は、この機会に思いっきり断捨離しましょう。

わたしはこの本でほとんどの物を捨てました。

見たり触ったりしても気分が上がらないものは、全て捨てることをおすすめします。

ではではまた!