女性音楽家を意味のない飲み会に誘う困った男性に注意!!

大学を卒業し1年間非常勤講師として働いたあと、演奏活動を開始した私。

当時は、Amebaブログで日記を書くようにブログを更新していました。

その頃はとりあえずブログを書けば、仕事につながるのかな?と単純に考えて更新してたんですよね。
(でも、どうせやるなら本を読んだりしてブログに関する知識をつけてやったほうがいいですよ)


スポンサーリンク

アメブロに届いた同じ業界の方からのメッセージ

Amebaブログにはメッセージ機能がついていて簡単にやりとりが出来るようになっているんですが、ある日こんなメッセージが届きました。

初めまして、こんにちは。
○○○○(プロの団体)で○○○(楽器名)を吹いている●●●(名前)です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
またお仕事をお願いすることもあるかと思うので、ぜひ宜しくお願いします。

もう8年くらい前のことなので細かい内容は覚えてないのですが、だいたいこんな内容でした。

その人は同じ音楽業界の年上の方でした。

大学を出たてのひよっこにこんなメッセージが来るなんて思ってないし、その時はまだ演奏でお仕事もしていなかったので『仕事をお願いすることもあるかもしれない』という言葉を見て、単純に嬉しかったのを覚えています。(全然あかん)

このあとSNSでもつながり、暫くして当時は関西に住んでいた私が東京に行くときにメッセージを送ってきた人と飲むことになりました。

音楽の話は1割、恋愛の話が9割=全く内容のない飲み会

待ち合わせた場所は渋谷の飲み屋さんがたくさん集まる場所。

この日会うのが初めてなので、その人がどんな思いで活動しておられるのか?普段はどんな活動をしておられるのか?などなど、とにかく音楽に関わる話が聞きたかった私。

でも、実際に話した内容の9割が恋愛に関する内容でした。

私は基本的に自分から恋愛の話はしません。

もちろん、そういう話題になれば話すし、何か聞かれたら全然答えるんですが、自分から恋愛観を話すのはあんまり好きじゃないんです。

なので、話題が恋愛に逸れる度に音楽の話に戻そうとするのですが、全然戻せず。。

正直、初めて会った人に自分の恋愛観なんて話したくないし、そんなことを聞くために『一緒に飲もう』って誘ったのかとびっくりしました。

まぁ、今思えばただヤりたかっただけなんでしょうね。。。

いや、もう肩書きを聞いてすごいー!となって、ひょいひょい行った私が悪いんですが、ひたすら恋愛観について話すだけの何も得ることがない時間でした。

この人からはこの後も何回もメッセージが来ましたが、毎回本当に内容がないものばかりだったし、時間がもったいないと思ったので、メッセージが来ても無視をしていました。

すると、相手も察してくれたのかメッセージが来ることはなくなりましたが、その人とは今はもうFaceBookもTwitterも繋がっていません。

FaceBookやTwitterは義務で友達になったりフォローする必要はありません。

合う人とは繋がっていたらいいし、合わない人とは離れた方がお互いの為です。

こんな人には注意!

女性音楽家の人は、肩書きを利用して飲み会に誘ってくるこんな人は注意した方がいいでしょう。

私が色んな人から聞いた実際にあった危ない話をまとめてみました。

こんな人は要注意です。

・何かと理由をつけて泊まってるホテルに『1人でおいでよ』と言ってくる人
・『2人で飲もうよ』としきりに誘ってくる人
どうでもいい内容を何度も送ってくる割に、返信しないと『僕のこと嫌いになった?』とか言ってくる人
・全然接点がないのに、いきなりSNSでメッセージを送ってくる人(複数人に同じことをしている可能性あり)

ちなみに、困った時は、同じ業界のその人を知る年上の人に相談してみましょう。

『あ〜、あの人ね。。。』と色々と話してくれるかもしれません。

変な人をかわす技を覚えよう

年上の人からメッセージが来たらちゃんと返さなきゃ。。と思うでしょうけど、うまくかわす方法も覚えましょう。

・1人で誘われても、絶対誰かを誘う
彼氏が出来たと嘘をつく
・暫くずーっと忙しい、その日は予定があると言う
尊敬しているからこそ、そんなことはして欲しくないと伝える
・音楽的には尊敬しているけれど「こういうところは困ります」と迷惑な行為をピンポイントで伝える
話題をナチュラルに変える

などなど、真正面から真面目に対応せずにかわしていかないと、あなたが音楽と向き合う貴重な時間が減るだけです。

若い人は特に注意してほしい

私がこの記事を書いたのは、こういう人がいるということを、大学を出るまで知らなかったからです。

知らないというのは恐ろしいもので、最初に紹介したメッセージも今なら明らかにおかしいと思えるのですが、当時の私は『ブログをやってたらこんな人からメッセージがきた!』とアホみたいに舞い上がっていました。

音大生や若い音楽家の子がこういう悩みを打ち明けてくれる度に『そういう人が結構いるんだよ、うまくかわす方法を覚えようね』と伝えてきました。

男性は楽しんでいるのかもしれませんが、女性の音楽家はみんな結構悩んでるんですよね。

この記事を読んで、そんな人もいるということを知ってもらえたら嬉しいです。

ではではまたー!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

音大生にオススメ!月額159円のAmazonスチューデントで...

音楽家のツイッターアイコンを顔写真にするべきたった1つの理由

音大卒で就職せず音楽で食っていきたい人に発信をオススメする理...

学生は発信しなくていい!って言ってる人は時代遅れじゃない?

先生は教えてくれない!?音大に入学したらみんながフリーランス...

寮・音出し可能物件・24時間音出し可能物件に住んでみて感じた...