クラシック音楽家はブログ執筆に向いてる!?ブログが仕事を引き寄せる!

こんにちは、吉田佐和子です。

最近ブログを始めるクラシックの音楽家さんをよく見かけるようになりました。

音楽家とブログってすごく相性がいいんです!

でも、あまりそのことが多くの人に理解されてこなかったんですよね。

今は保育園や幼稚園に通う子供たちもスマホを扱う、スマホネイティブの時代。

ウェブが身近にあるのが当たり前の世の中です。

ウェブを通じて誰かとつながことや、自分のPRが出来る媒体を持つことは、これからもっと当たり前になっていくでしょう。

言葉、音楽、絵画、彫刻、ブログ。。。

私たちは、表現したものを介して誰かとつながることが出来ます。

つまり、音楽家にとって、出会いたい人と会うためのツールが『音楽』のときもあれば、『ブログ』のときもあるはずです。

あなたにつながる窓口は複数あった方が良いのです。

ブログを始めて良かったこと

私がブログを始めて良かった!と思う理由は4つあります。

  1. ブログを見た人がレッスン・演奏・講演・ウェブコンテンツに関する仕事の依頼をくれた
  2. 普段会えない人にも存在を知ってもらうことが出来た
  3. 音楽以外の自分の興味がある分野(地域活性化、ウェブマーケティング)の人と知り合うことが出来た
  4. 私を好きでいてくれる人とつながることが出来た

わたしが発信を続ける理由はこちらの記事にも書いてますが、どれも楽しんでやっています。

こんにちは。 クラリネット奏者の吉田佐和子(@sawaclarinet)です。 2008年にアメブロでブログを始め、全く記事を更新しない...

表現するなら思いっきり振り切ること

この『楽しんでやる』というのが本当にポイントなんです。

何かが起こったときに「何だ何だ?」って集まってくる野次馬みたいな人たち、いますよね。

思いっきり楽しんでやってると、それを見た人たちが興味を持つんです。

その内容が振り切ってるほど、人は集まってくるし、内容が振り切っているほど賛否両論あるだろうけど、ちゃんと人の心に刺さります。

ファンの人数ももちろん大事だけど、あなたのことをなんとなく好きな人が100人いるよりも、むちゃくちゃ好きな人が10人いてくれた方が全然強い。

それに、むちゃくちゃ好きな人は、さらに人を呼んできてくれるかもしれない。

そに人たちが心底楽しんでる様子を見たら、他にも興味を持つ人が出てくるかもしれません。

これは西野亮廣さんの著書から学んだこと。

西野さんの考えておられることは私の引き出しにないことばかりで、本当に勉強になった一冊です。

迷いながら演奏(表現)してると、すぐにバレちゃいますよね。

ブログや、SNSでの発信も一緒で、誰かの目を気にしながらやってる時ほど、誰の心にも刺さらないんです。

苦手かどうかはやってみないとわからない

ブログを始めたものの『ブログで何かを発信するの、苦手なんです』という人がいます。

でも、それを楽器に置き換えてみてください。

楽器を習いたての人がレッスンにきて『私、クラリネット苦手なんです』と言ったとします。

私ならきっと、まだ始めたばかりだし、これからですよ!苦手なことは何ですか?色んな解決方法がありますよ!

と声をかけるでしょう。

楽器を吹くのが楽しい!と思える時間が増えないと、心がしんどくなっちゃいます。

これは、ブログも同じで『ブログを書くのが楽しい!』と思える瞬間に出会わないと、更新するモチベーションが続かないし、上がりません。

まずは下記の3つにチャレンジして、試行錯誤してみましょう。

・期間を決めて、継続してブログを更新をしていく
・PV数やSNSでの反応を見て、どんな内容に反応があるのかを知る
・読者が知りたい!と思うような内容を書く

『苦手です』とか『わたし自信がないんです』って言葉は、何かをやらないための言い訳の呪文です。

今はブログを通じた発信でお仕事を受けるにはどうしたらいいのか?=ブログの書き方を分かりやすくまとめてある本がたくさん出版されています。

見よう見真似でやみくもに取り組んだもののイマイチ結果が出ない人(←過去のわたし)はこちらの記事をチェックしてみてください。

ここ数年で、音楽家でもブログを書く人がかなり増えてきました。 HPは持ってないけど、ブログは持ってるっていう人もたくさんいますね。 ...

私は、クラリネットもブログも『誰でも簡単に吹けます/出来ます』と言います。

そう言えるのは、

・どうしたらクラリネットを吹くことが出来るか?
・どうしたら人に読んでもらえるブログを書けるか?

ということをひたすら試行錯誤してきたからです。

楽器は一瞬でうまくならなかったはず。

まずは継続して取り組むことが何よりも大事です。

楽器の練習とブログの似ているところ

ブログが音楽家に向いてると思うのは、コツコツ練習や作業を積み重ねるところ。

楽器って、練習して、レッスンを受けたりしながら正しい奏法を学んで、試行錯誤しながら自分に合った練習法を確立して上手くなっていきますよね。

ブログも一緒で、書いて、どんな文章が読まれやすいのか、どんな内容を書けばお仕事がくるのかを学んで、試行錯誤しながら自分に合ったブログ内容を確立していくんです。

私の場合、アクセスが少ない過去のブログを見直して、書き直すこともあるし、読みやすい文章、人の心に響く文章について書いてある本を読んで勉強することもあります。

どんどん色んな知識をインプットして、試していくことこそが自分の望む結果を出すポイントです。

これも楽器と一緒ですよね?

ブログは続けることで効果が出てくる

先日、同じクラリネット奏者の方が、こんなツイートをされていました。

2人ともお会いしたことがあるんですが、とってもかわいらしくて、向上心がある方達です。

そして『何か自分から発信していかなきゃいけない気がするんだけど、何をすればいいんだろう?』という自分の中にある声をちゃんと拾ってあげられた人なんですよね。

多くの音楽家が、何かしなくちゃいけないと思ってはいるんです。

でも、人間ってやっぱり周りの人に影響されちゃう=周りの人はやってないから行動出来ないってなっちゃうんですよね。

あなたが出会いたい人に出会うためには、自ら発信するしかありません。

ブログで色々発信し始めると、近くの人がやっかみを言ってくる時もありますが、ブログをとどけたいのはその人ではないはずです。

私は昔ただの日記のようなブログを書いていたのですが、内容を試行錯誤する過程で色んな人に色んなことを言われました。

今となっては、その時のアドバイスを聞かなくて本当に良かったと思います。

合わないものが分かるというのはとても大事なこと。

合わないなぁ、と思ったらその人とはそっと距離をとればいいのです。

ブログを始めるなら『wordpress』+『有料テーマ』がおすすめ!

今ご覧いただいているこのブログはwordpress(ワードプレス)という無料サービスを使っています。

ワードプレスの始め方については、八木仁平さんのブログで本当にわかりやすく説明されているのでぜひご覧ください。

[画像153枚で図解] WordPress(ワードプレス)ブログの始め方完全マニュアル
https://www.jimpei.net/entry/wordpress_start

私は昔Amebaブログでブログを運営していましたが、ブログからの収益性や、圧倒的に見やすいデザインに魅力を感じてwordpressに移行しました。

wordpressには無料のテーマももちろんありますが、有料テーマというものがあります。

有料テーマを導入すると、とても見易いレイアウトになるし、カスタマイズも簡単です。

こちらのみなさんのブログをご覧いただければ分かるはず。

クラシック音楽家でここまで分かりやすい文章書いてる人はいない!
・ホルン奏者ごんざゆういちさんのブログ
http://gonzayuichi.com

音大生&音大卒向けのキャリア支援をする元リクルート&ピアニスト
・白鳥さゆりさんのブログ
http://sayuri-shiratori.com

ちなみに、私は『ATLAS』という有料のテーマを使っています。

ATLAS(アトラス)
https://crosspiece.jp/wptheme/atlas/

wordpressに有料テーマを導入すると、もうHPみたいになるんですよね。

私の場合、演奏だけでなく作曲・地域活性化に関する活動・講演・コンテンツプロデュースなど様々なことをしているのでHPも持っていますが、ブログだけでもお仕事をPRする、受注することは十分可能です。

もう、音楽家はみんなwordpressでブログをやればHPをわざわざ作らなくてもいい時代になるんじゃないでしょうか。

まとめ

クラシック音楽の世界で『ウェブを通じた発信』はまだまだこれからです。

今のうちに、出来ることから始めませんか?

私たちは、表現したものを介して誰かとつながることが出来ます。

ブログを通じて、あなたの演奏会に来たい!と思ってくれる人やレッスンを受けたい!と思う人とつながりましょう。

あなたの一歩をいつでも私は応援しています。

ではではまたー!