簡単に分かる!あなたにしか書けないブログ記事の見つけ方

こんにちは、吉田佐和子です。

ブログを書いていると『あなたにしか書けない記事を書いてください』ってよく目にしますよね。

どうしたらわたしにしか書けない記事は見つかるんだろう?ってずっとずっと分かんなくて、じつは試行錯誤してたんです。

でも、今月はそういう迷いを一切持つことなくブログを更新することが出来ました。

きょうは、あなたにしか書けないブログ記事の見つけられる5つのポイントをご紹介します。


スポンサーリンク

1.特別じゃないと思っていることが特別

わたしはいまパリに住んでいます。

パリに住むことは既にわたしにとって日常になっていることなので、特別なことではありません。

でも、日本に住んでいるときのわたしからすると、パリに住んでいることは想像出来ないので、特別と映ったはずです。

そこで気がついたのは、住んでいる場所、性別、年齢など、わたしにとって当たり前のことこそ、特別なことになり得るのではないか?ということです。

このブログの読者は、現在女性より男性が多いのですが、それは男性の視点で女性のわたしの考えが気になる人が多いからでしょう。

女性音楽家が〜とか、女性の視点からみた〜というブログは、女性から見れば『こんなん当たり前やん』って感じのことかもしれませんが、男性から見れば、とても新鮮で興味深い情報になるのです。

また、わたしが編集長をつとめる、ふるさと福知山の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』では、福知山に住む人から見るとよく知っている内容ばっかりやん、となるかもしれませんが、福知山を知らない人や福知山に住んでいない人からすると、これもまた新鮮で興味深い情報なのです。

年齢も同じですね。
わたしは先日31歳になりましたが、31歳のわたしの考え方は、25歳のわたしから見ればいつかくる未来を生きている人として興味があるでしょうし、37歳のわたしが見れば過去を懐かしがったり、同世代として興味あるものかもしれません。

『こんなこと特別じゃないし、みんな分かってるからわざわざ書くべきじゃない』と思っていることこそ疑ってみるといいですよ。

2.コンプレックスが誰かのためになる

わたしは太ももが太いことがずっとコンプレックスでした。

今まではそれを隠そうとしてきたのですが、隠すよりもそんなわたしが居ることも受け入れて、どう対峙していくかをブログに書いた方が、同じように悩んでいる人の役に立てるのだと気付いたのです。

以前、本島彩帆里さんの本を読んで実践した内容をブログに書いたのですが、これはウェブで検索したときにこの本に関するいい情報が載ってないなぁと感じたから。

こんにちは、吉田佐和子です。 突然ですが、あなたが知ってるマッサージの種類が多いほど痩せられるって知ってました? わたしは、この本を...
『いい本なのに、わたしみたいに迷っている人がこの本の魅力に気づける記事がないなんて勿体無い!ずぼらなわたしでも続いてるのだから、太もも痩せを頑張りたい人にはこの本をぜひオススメしたい!』

そんな気持ちでブログを書きました。

すると、やっぱり共感してくれる人はいて記事から書籍が売れていくんですよね。

わたしと同じように太ももに関する悩みを抱えている人、コンプレックスに感じている人がいるのです。

コンプレックスに感じてることってみんな絶対あるので、それに向き合って記事を書くことで同じように悩んでいる人の役に立てるんです。

コンプレックス=嫌いなわたしって思ってたんですが、誰かの役に立てるならコンプレックスがあるって悪いことばかりじゃないな。コンプレックスがあるわたしも良いかもしれない。と思うようになったんです。

これからも太ももやせを達成させるべく頑張っていきますが『コンプレックスに感じる状態のわたし』も視点を変えることで好きになることが出来ました。

3.時間を忘れて没頭してしまうことを書く

時間を忘れて没頭してしまうことってどんなことですか?

わたしがいま時間を忘れて没頭できることはこんな感じ。

・クラリネットを吹くこと
・作曲すること
・漫画をよむこと
・SNSの運用について情報を集めたり試行錯誤すること
・チラシデザイン
・ブログ執筆

これらは時間を忘れるくらい没頭出来ることなので、長時間やっていても全くしんどくなりません。

そして、時間を忘れて没頭してしまうこと=たくさんの知識やアイデアを持っていることなのです。

それは他の誰かには書けない記事です。

3.スマホやPCでググったことについて書く

わたしは今フランス語を勉強していますが、フランス語を勉強するときに役立つアプリやオススメの参考書を知りたい!と思ったときにスマホやPCで検索しました。

もう今は知りたいことがあれば検索するのが当たり前ですよね。

でも、検索したときに一気に知りたい情報が見つからず、3つか4つくらいサイトを渡り歩くことってありませんか?

あれってすごく面倒だし、ちゃんと求めてる答えが見つかるのか不安になります。

そういう経験をしたら、その検索ワードについて1記事で分かる内容を書きましょう。

あなたが1つの記事に情報をまとめてくれれば、読者の時間は短縮され、問題も解決されてスッキリ!!します。

わたしは『いま困っていること=ブログ記事に出来る』と思うようになりました。

そう思うと、困ったことに出会うことも悪いことではないような気がしてくるから不思議です。

4.ブログを書けないことも記事にできる

『ブログが書けない』ってことも、じつは記事に出来るんですよね。

わたしもついつい他の人のブログにいってそのタイトルがあると、思わずタイトルをクリックして読んでしまうんですが(苦笑)

下記のように、ブログを書けるようになるというゴールに向かって試行錯誤してる経過や、試行錯誤した結果が書いてあるといいですね。

・絶対できる!ブログが書けない人におすすめしたい○つのこと
・ブログを続けられる人がやっているたった○つのこと
・ブログを書き続けるモチベーションを保つために大切な○つのこと

ただただ『記事が書けない、どうしよう、困った』みたいな感じで日記のような感想が書いてあるような内容よりも、その記事を読みたい!と思った人はきっと同じ悩みを抱えている人なので、その人に何か少しでもプラスの感情やプラスの情報を与えられる記事を書いてほしいなって思います。

まとめ

今月はわたしにしか書けない内容が沢山見つかって『書く』という表現をとっても楽しむことが出来ました。

もちろん、自分の思いを文字で表現することって楽しいことばかりじゃありません。

これは音楽といっしょ。

表現することって、楽しくてやみにつきになる瞬間が絶対あるんですけど、そこに辿り着くために、勉強したり、試行錯誤したり、うまくいくと思ったら全然うまくいかないこともあります。

でも、ここでご紹介した5つのことを意識するようになってから、ブログに書けることってまだまだ沢山あるなぁと思えるようになって、気が楽になりました。

あなたにしか書けない記事をちゃんと見つけることがてきたら、更新頻度も上がるし、記事内容も充実してきます。

あなたがブログで思いを表現することの楽しさ、共感してくれる人がいることの喜びを知ることができますように。

ではではまたー!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!