あなたも必ず成長できる!『目標設定4点セット』を実践しよう!

こんにちは、吉田佐和子です。

あなたは、なかなか成長できない自分に落ち込んだことはありませんか?

どれだけ本を読んで刺激を受けて行動を起こしても何かうまくいかない人は、目標設定の仕方が間違っているのかもしれません。

目標設定とは正しい方向へ導いてくれる案内役のような存在です。

つまり、目標設定を間違えると、あなたが進みたい方向へ進むどころか間違った場所や望んでいない場所に辿り着いてしまうかもしれないのです。

あなたのやりたいこと叶えたい夢を達成するために、目標設定の正しい立て方を学びましょう!

現在、外資系コンサルティングファームにマネージャーとして勤務するShinさんが書かれた著書『コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた7つの仕事術』から学んだ目標設定の紹介をご紹介します。


スポンサーリンク

仕事ができる人を真似ていませんか?

外資系コンサルティングファーム=仕事ができる人!ってイメージありますよね。

でも、著者のShinさんは、最初からできる人だったわけではなく、毎日朝早く起きていろいろな本を読みあさり、終電過ぎまで働いて、なんとか見返そうとしてやろうと頑張っていたのになかなか結果が出ず苦しい日々を送っておられたそうです。

また、上司から、こんな言葉を言われたこともあったそうです。

『おまえコピーすらまともにできないんだな。もう任せられる仕事ないわ。帰れよ、もうあとやっとくから』

『何度同じミスを繰り返せばわかるんだよ!』

『おまえが来ても、誰にもメリットないでしょ』

仕事を頑張りたいと思っているのに、こんなこと言われたら落ち込みますよね。

でも、Shinさんは1年かけて大きな変化を遂げられます。

できる人のやり方を真似ていたからダメだったんだ。

できない自分にも出来る方法が必ずほかにあるはずだ。

このことに気づき、やり方を変えてから、上司の評価はうなぎのぼり。

どんどん大きな仕事を任されるようになり、いまは外資系コンサルティングファームから引き抜きの声がかかるまでになったそうです。

できる人がビジネス本を出して、その仕事のコツを紹介している本はたくさんありますが、それってもともと仕事ができる潜在能力があったからできるんです。

個別の問題を解決するための本や情報は無数にあります。

しがし残念ながら、たいていの若手はそれを実践してもまったく状況は変わりません。

なぜなら、できる人がやっている方法をそのまま真似ても、ベースのスキルがない人にとっては意味がないのです。

そう。仕事ができない人は、その状態から試行錯誤して仕事ができるようになった人から学ばないと、ちゃんと成長できません。

絶対に成長したい人は、Shinさんの本からこそ学ぶべきものがあるんです。

目標設定力をあげる!『目標設定4点セット』とは?

正しい目標設定ってどんなものなんでしょうか?

目標設定とは定量化である、ということです。

つまり、“数値化”することです。

正しい目標設定ができていない人に共通するのは、「目標を設定したものの、まったくそれを見返すことなく、意識せずに終わってしまう」ことです。

あなたは、何をどうしたらいいかわからない『抽象的な目標』を立てていませんか?

それでは、ただ目標を立てたことに満足してしまい、何も結果は出せません。

では、どう定量化していくか。

ぼくがたどり着いたのが、プロジェクト管理の方法をトレーニングで学んでいるときに知った「KPI(Key Performance Indicator)化」という概念です。

「定性的なゴールを細かく砕いて数値化し、それを一定期間ごとに振り返って達成できているかを確認する」というプロジェクト管理のプロセスです。

「定性なゴール」とは、物事の様子や変化を数字では表せない「性質」の部分に着目して分析した抽象的なゴール。

それでは何も達成できません。

最初に頭を絞ってゴールを細かく描き、定量化(=KPI化)することで、進歩度合いや達成度などを誰の目から見ても明らかになるようにします。

このKPIの概念を組み込んだ、Shinさんの目標設定手順がこちら。

  1. 心から達成したい定性的な目標を設定する
  2. KPI化する
  3. アクションを定義する
  4. 効果的に振り返る

この4つの手順をしっかり踏むことで、確実に成長できる目標を設定することができるんですね。

1. 心からやりたい目標を設定する

ただ、しっかり目標を定めても、なかなか継続して取り組めないときってありませんか?

そんなときは、もしかしたらスタートが間違っているのかもしれません。

いくら目標を定量化しても、「本当はこんなことやりたくないんだよな・・・」と思う目標を達成するのは難しいものです。

目標を達成するには、心底「こうなりたい!」「これを達成したい!」を思える目標を見つけることがスタートなのです。

たしかに、絶対に達成したい目標があるときって、ものすごくパワーを発揮できたりしますよね!

まずは、あなたが将来なりたいと思う姿をを徹底的にイメージし、それを言葉に落とし込んでいきます。

まずはたくさん書き出してみて、本当に達成したいことをしっかり洗いだします。

やっぱり、考えていることを頭の中で反復させるだけではなく、言葉に落とし込む=『言語化』することはすごく大事ですよね。

Shinさんの本に書いてあった質問はこちら。

・自分が目標としている人は誰?その人はどんな力を持っている?
・1年後に達成したいことは何?そのために必要なことは?

上記の質問に答えるだけでも、いろんな言葉が思い浮かぶのではないでしょうか?

紙とペンを用意して、どんどん書いてみましょう!

ここでは、たくさん描いた言葉の中から、3〜5つくらいに目標をまとめ、自分の目指すべき姿に近づけるもの、かつ「心底達成したい」と思えるものを描くことが大事だそうです。

2.目標をKPI化する

心から達成したい目標を決められたら、次はそれをKPI化することにチャレンジしてみましょう!

「KPI」って英語が出てくると何だか難しく感じる人もいるかもしれませんが、やりかたは簡単!つぎの2つのことを実践してみてくださいね。

1.目標設定の要素を細かく砕く

たとえば、「英語を話せるようになりたい」と決めた場合、具体的にその中に含まれる要素を書き出してみましょう。

語学学習の場合だと、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングと分野を分けることができますよね。

「部下にとってすばらしい上司になる」であれば、リーダーシップ人材育成自身の成績の向上などがあります。

この要素を見つけられるかも重要なポイントですね。

ゆっくり考えてみましょう。

2.すべてを数値化する

目標を設定するときは、現在の実力の1.3倍に設定することがオススメだそうです。

1.3倍だと、高すぎず、低すぎない現実的な目標となるのでモチベーションが保てます。

確かに、モチベーションを保って継続して行動することこそ、目標達成に近づきますよね。

3.アクションを定義する

目標をKPI化し、いつもよりも具体的な目標が決められた人も多いのではないでしょうか?

ここで終わらないのがShinさんの目標設定手順!

ゴールを達成するために、具体的に何をすればいいのか、アクション(行動)を定義しましょう。

「TOEICで900点以上を取る」というKPIに対するアクションとして、しっかりと細分化されたアクションにびっくりしました。

・TOEICの解き方を丁寧に解説している参考書を1日20ページ読む
・TOEICの模擬問題集を購入し、毎週1回解く
・TOEICの本試験を毎月1回受験する

TOEICの構成は大きく分けてリスニングパートリーディングパート文法パートですから、その3つそれぞれのアクションを考えます。

たとえば、リスニングパートのスコアを向上させるほうほうとしては、下記が考えられます。

・通勤時に必ずリスニングパートの音声を聞き流す
・毎晩10分だけリスニングパートの問題を解く
・気分転換に映画やドラマを見るときは英語音声のものにする

本ではもっとさらに紹介は続くのですが、ここを読んだときに、正直『ここまで細分化するのか!!』って思ったんですよね。

やりたいことが出来るようになるためには、どんなことをしたらいいのか?こんな風に細かくやるべきことを落とし込めていくことで、目標達成に確実に近づくんですね。

アクションに落とし込むときにすべきことは、なるべく細分化して考えることです。

詳細な行動にまで落とし込むことではじめて、目標を達成することができるのです。

4.最も効果的な「振り返り」のやり方

最後に、確実に成長できるようにする目標にするために大切なのが、1週間に1回の『振り返り』の実施です。

週一の振り返りで確認するのは、KPI化で定量化した目標の進歩ではありません。

毎週確認すべきは、目標ではなく「アクション」です。

これならば「やったか、やってないか」で評価できるので、モチベーションが下がることもありません。

もしなかなかできていなかったとしたら、「なぜできなかったのか」「どうしたらできるようになるのか」と考え、次につなげるのです。

定量化した目標の進捗も、1ヶ月に1回は確認し、しっかりとアクションが出来ているのに数値の進捗が悪い場合は、アクションが誤っている可能性が高いので、そこを設定し直す必要があるそうです。

ここまで紹介した『目標設定4点セット』を実践すれば、だれでも成長できる目標が設定できますね!

あなたもぜひ試してみてください!

まとめ

目標を設定することが大事!というのはみんな分かっていることですが、その目標をどんな風に決めたらいいのか、明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

目標設定4点セットを使うことで、いままでに挫折してしまった目標も叶えられるかもしれません。

わたしもこの目標設定4点セットを使って、いくつかある夢を確実に達成するために、改めて目標を設定してみます。

あなたもぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

最後に、この本は次の人にもおすすめです。

・仕事でいつも同じ指摘をされる人
・上司との関係がうまくいかない人
・主体性がなく積極的に仕事ができない人
・引っ込み思案でなかなか主体性が持てない人
・資料作成能力を上げたい人
・コミュニケーション能力を上げたい人
・帰国子女ですか?と聞かれるくらい英語がうまくなりたい人

そう。この目標設定4点だけでもかなり充実している内容なのに、その他にもほんっとうに中身が詰まった良書です。

この本を読んで、目標設定をしっかり行うことであなたも未来を変えてみませんか?

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

大阪でプロフィール写真を撮る際にオススメのフォトスタジオ3選...

表現するものを確実に届けたいなら『武器としての書く技術』を読...

自分で簡単にiTunesで音楽配信!2ndアルバムの販売を始...

ブログが続かない音楽家にオススメする圧倒的に成長できる参考書...

あなたにぴったりの服がこの本で分かる!今すぐ簡単セルフチェッ...

効果抜群!本島彩帆里さん著書『もんでヤセない身体はない』で太...