パリでたこ焼きパーティーをしたいときに必要なものは?

こんにちは、吉田佐和子です。

先日、パリの語学学校で出会った日本人の友達とたこ焼きパーティーをしました!

パリでたこ焼きが出来るの…??

と思った方もおられるかもしれません。

ちゃんと必要なものがあれば、できます!!

そしてとっても和気あいあいとみんなで楽しみながらつくることが出来るたこ焼きは本当におすすめです!

パリでたこ焼きパーティーをするために必要なものをまとめてみました!


スポンサーリンク

ホットプレート

まず、たこ焼きを焼くときに欠かせないホットプレート。

着脱式のものを選べば、たこ焼き以外にも使えて便利ですよね。

そんなに値段も高くないので、買っておくと便利。

そして、このホットプレートを使うために必要なのがこちら!

変圧器です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京興電(KODEN) 海外用変圧器(ステップダウントランス) TA-1000
価格:22464円(税込、送料無料) (2017/7/29時点)

持つとむっちゃ重たいです。

フランスと日本の電圧は全然違うので、電圧を変える必要があるんです。

こんな風に、パリのコンセントとホットプレートをつなぐ感じで使います。

友達はトースターと炊飯器を日本から持ってきていて、それを変圧器を使って使用しているそうです。

ちなみにわたしは日本から一切電化製品を持ってきませんでした。

電子レンジ、オーブン、食洗機など必要なものは全て揃っていたこともあるのですが、炊飯器だけオペラ地区にある京子食品で100ユーロくらいで買いました。

変圧器にはコンセントが複数ついているものもあるのですが、複数ついているものを使用するときにはそれぞれの電圧の合計をよく確認して使うようにしましょう。安易に使うと、普通にショートしてしまうkとおもあるそうです。

食材はアジア系のお店で入手しよう!

たこ焼きにかかせないタコは、オペラ地区にあるアジア系のお店『K-mart』で調達。

2種類のタコを買ってきてくれました。

たこ焼き粉は友人が日本から持ってきたものを使いましたよ〜

キャベツ、細ネギ、紅生姜、青のり、かつおぶしなどはすべてパリでも手に入ります。

パリに居て日本食が恋しくなったときは、オペラ地区にあるお店に行くことが多いです。

京子食品
http://www.kioko.fr/fr/

K-Mart
https://www.facebook.com/pages/K-Mart/499504906761564

日本よりも値段は高いですが、やはり慣れた味を口にするだけですごくほっとするんですよね。

パーティーのときにはお土産を持参しよう

これは日本でも同じだと思いますが、パーティーのときは何かお土産を持っていくといいですね。

わたしは近所のワイン屋さんで、日本食に合う(って言ってもたこ焼きだけど)20ユーロ以内の白ワインってありますか?と聞いて、店員さんがおすすめしてくれたワインを持って行きました。

グランクリュ キッテルレの2013年。辛口です。(右)

友達が持ってきてくれたロゼもおいしかったなぁ。(左)

あとは焼くだけ!

すべての具材を混ぜ合わせれば、あとは焼くだけー!

どんどん焼いていきましょう!

友人がたこ焼きの他にもちょっとしたおかずを作ってくれていて、これがまたおいしかった!

この日は結局13時に4人で集まってたんですが、20時に一旦解散し、わたしは友人1人とさらに飲みに行き、22時までひたすらおしゃべりを楽しんだのでした。

日本にいるときはこんなに長時間おしゃべりし続けるなんてことはなかったんですが、やっぱり外国での生活を送っているとネタもつきないですね。

パリでのたこ焼きパーティー、とっても楽しかった!

おすすめです!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!