あなたが応援される人になるために必要な5つのこと

あなたは誰かに応援される人になりたいですか?

いま話題のVALUを始めれば、自分のVALUを買ってもらうことで『応援される側』の立場を、誰かのVALUを買うことで『応援する側』の立場を体験することができるのですが、VALUを使うなかで応援される人には特徴があることに気がつきました。

わたしはアーティストなので、作品をつくることや発信することに意識がいきがちですが、誰かを応援したときに、その相手がどんな行動をとっているかで、その後応援したいと思うか、思わないかが変わってくるのです。

きょうは、あなたが『応援される人』になるために必要なことをご紹介します。


スポンサーリンク

 応援したい!と思えることを発信する

応援してくれない!ということを嘆く人の発信媒体を見てみると、

・今その人が何をしているのか?
・どんなことを考えていて、今後何を達成したいのか?

全くわからない人がとても多いです。

発信内容からその人の魅力を読み取れないと、どこにも共感できないし、どの部分を応援していいのか分かりません。

ちゃんと興味を持ってもらえる材料を用意しておきましょう。

 発信回数を上げる=接触回数を上げる

発信内容に気を配っていない人に限ってツイッターで意味のない言葉ばかりつぶやいていたり、つぶやきも少なく、ブログもやってなかったりするんですよね。

更新頻度がすごく少ない=応援してくれる人との接触回数が少ない

これってすごく致命的なんです。

同じ人や物に接する回数が増えると、その対象に対して好印象を持つようになる心理現象を『ザイオンス効果』と言いますが、これはそれはSNSやウェブでの発信も同じ。

だから、わたしは毎日いろんなことを発信するし、週に1回LINE@を送るんです。

 言葉に魂を宿す

そして、発信するときに気をつけたいのは『言葉』。

当たり障りのない、誰にも突き刺さらない言葉で発信していても意味がありません。

例えばツイッターの場合、いいね!やRTがあまりつかない場合は、何が原因だったのか?仮説を立ててみることが大事です。

すでにフォロワーになってくれている人=あなたに少しでも興味を持ってくれている人が反応してくれないと、そこよりも外の人に知ってもらえる可能性はすごく低い。

もちろんフォロワーに媚びるとか、そういう意味ではなくて、自分がいいと思うものを伝える言葉は常に工夫し、試行錯誤していくことが大切です。

 喋るように書く

あなたは、発信するときにあなたが喋っているような言葉使いが出来ていますか?

普段喋る仕事をしてる人は、やっぱり文字媒体での発信もその人が喋ってるみたいに感じるから、それを読むだけでも読者との距離がググッと距離が縮まるんですよね。

わたしは動画配信をすることもよくあるのですが、あとでだいたい配信を聞くようにしています。

すると、喋り方を客観的に把握することが出来ます。

語尾の言葉とか、間の取り方は、そのままブログにも生かすことが出来るんです。

 感謝の気持ちを伝えている

応援される人は、人とのコミュニケーションを大事にします。

何かしてもらったときには、感謝の気持ちをきちんと伝えています。

そして、その伝えるときの言葉使いや、絵文字、句読点に個性が出ます。

自分の心からの気持ちをしっかりと伝えようとすれば、それは必ず相手に伝わるし、感情が動けば、それを別の誰かについつい話したくなるようになるんです。

 まとめ

VALUをやっていて、わたしが応援し続けたいな、と思う人は上記のことを満たしている人が多いことに気づきました。

もちろん、応援したい人なのだから、本来はその人が笑顔で一番やりたいことに没頭してくれるのが一番嬉しいのです。

だから発信もせずに没頭しててくれても全然いいんです。

ただ、ここで紹介したプラスαの要素が重なると、応援したい気持ちがさらにアップするし、素敵な部分がたくさん見つかるから、もっとたくさんの人と一緒にこの人の素晴らしさを共有したいなって思うようになるんですよね。

あなたもわたしも、応援される人になれますように。

お互い頑張っていきましょう!

ではではまたー!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

1枚300円以下!紙ジャケット仕様の自作CDを作る方法

フレッシュコンサート開催までにやった25のこと。

あなたがファンと繋がるための無料おすすめコンテンツ13選!

あなたの未来を変える『音楽家のためのオンラインサロン』をスタ...

【制作事例つき】スマホで簡単!コンサート&ライブチラシが簡単...

VALU優待設定しました!ファンクラブとオンラインサロンに招...