一番安かった仕事のギャラっていくら?いま考えると結構酷かった初仕事

こんにちは、吉田佐和子です。

ふと今までで一番安かった仕事のギャラのことを考えていました。

そんな時代もあったな…

と目を細めて懐かしく思ってたんですが、そのときのことを思い出してみるとなかなか内容が酷かったんですよ。


スポンサーリンク

初めてお仕事をしたのは大学生のとき

一番安かったギャラは、音大時代にいただいた一番最初のお仕事でした。

とある商店街の中にある飲食店の前で演奏するお仕事。

30分のプログラムで2回公演して欲しいという依頼で、演奏場所が野外だったため雨天時は中止の予定でした。

そのときは確か4人くらいで演奏する予定だったのですが、1回あたりの演奏料は1人3000円。

2回公演で6000円のギャラでした。

雨天時に中止した場合、ギャラはどうなるの?

雨天時には演奏を中止すると決まっていたのですが、わたしたちはその日2回公演を出来るように曲も練習してますし、時間も確保しています。

『仮に、2回とも演奏が中止になってもきちんとギャラは払って欲しい』とわたしは強めに伝え、それに対して主催者も納得してくれました。

今回の場合、2回公演のプログラムは全部同じ内容にならないように、すこし変えて用意していたし、そのときはまだ大学生で初めての本番だったので、良い本番ができるように何度も練習を重ねていました。

天候が悪く演奏出来なかったとしても、わたしたちが練習にかけた時間や本番のためにキープしておいた時間は戻ってきません。

演奏のお仕事は演奏している時間に対しての対価ではなく、事前準備の時間など諸々含めた対価なんです。

台風の時期の学校公演のお仕事とかは特に注意したいんですが、雨天時に中止になった際にどのような対処をとるかは必ずあらかじめ話し合っておいた方がいいですね。

公演は中止!主催者から渡されたギャラは3000円

そんなこんなで、たくさん練習を繰り返して迎えた当日。

ちゃんと時間通りに集合してお店で待機していたものの、天候が悪く1回目の演奏が中心になりました。

そして、2回目の演奏時間になっても雨はやまず。。。

2回目の演奏も中止になりました。

すると、このお仕事の話をもってきてくれた後輩(当時まだ大学1年生)だけが主催者の方に呼ばれました。

わたしもついて行こうとしたのですが、後輩だけ来て欲しいとのことでした。

すると、しばらくしてギャラが入っていると思われる袋を持って、しょんぼりした顔で後輩が帰ってきました。

『1回分しかもらえませんでした。。。』

肩を落としながら、後輩はつぶやくようにそう言いました。

2回分のギャラではなく、1回分のギャラしかもらえなかったんです。

その後輩のお母さんと主催者が仲が良いため、困るという意思を伝えたものの「今回はこれで許して!また頼むから」と言われ、それ以上強く言えず、しぶしぶ了承してしまったそうです。

今の私なら必ず行う3つの対策

これはわたしが大学3年生の頃の話です。

主催者の方に雨天時でも2回分のギャラを払って欲しいと伝えたものの、それは口頭で伝えただけで書面には表していませんでしたし、こんな事態になった際にどうしていいのかわかりませんでした。

でも、今の私ならこんな事態を防ぐために以下のように3つの対策をします。

  1. 事前に約束したことを書面に起こす
  2. 経験が少ない後輩1人に金銭に関する話をさせるのは避け、必ず同行する
  3. ちゃんと主催者に抗議する

契約内容が口頭でしかないと「言った、言わない」の世界になってしまうので、書面に起こして捺印までしてもらえば間違いないですね。

経験値がついてくると、この人ちょっとあやしいな?と思う主催者は分かってきます。

口頭でやりとりしたあとに『本日お話しさせていただいた内容を確認のため書面でお送りしますので、確認の上間違いがなければサインしていただいてもよろしいでしょうか』と言うと、何か起こった時も安心です。

「最後の主催者に抗議する」については、1度こういうことをした人は、また別の誰かに同じことをしてしまう可能性があります。

その誰かが悲しい思いをしないように、あなたがちゃんと言うことも大切なのです。

まとめ

もうはるか昔のことなので詳細に覚えているわけではありませんが、この時の仕事のためにかかった時間はざっとこんな感じだったはず。

・メンバー全員での練習:6~9時間
(これ以外に個人練習の時間も必要です)
・当日の移動時間:往復1時間
・当日の拘束時間:6時間

これ以外にも、楽譜の印刷代や当日の交通費などの雑費がかかっています。

こうしてちゃんと振り返ると、ひどすぎて何とも言えないですね。。

みなさん、安い値段でお仕事は受けちゃダメだし、ちょっとあやしい主催者さんには注意しましょう。

というわけで、わたしが今までの仕事の中で一番安かったギャラは3000円でした!

おしまい!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!