わたしがファンクラブを運営する際に気をつけている6つのこと

こんにちは、吉田佐和子です。

2017年7月末から、ファンクラブを立ち上げて運営するようになりました。

>>>吉田佐和子ファンクラブ『吉田佐和子病友の会』スタート!

今日はファンクラブを作りたいけど、どんなことをすればいいのか?アイデアがなくて困っている!という人に向けて、わたしが気をつけていることをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

1.ファンクラブ運営の目的をはっきりさせよう

そもそも、ファンクラブをつくる『目的』は何でしょうか?

ファンのみなさんと触れ合える場所をもちたい、ファンクラブの会費を活動資金の足しにしたいなど、いろいろあるでしょう。

わたしの場合、完全帰国する3年後に必ず達成したいことがあるので、それに向かって一緒に熱狂してくれる人を増やしたい!というのが、ファンクラブを作った一番の目的でした。

この目的がはっきりしていると、ファンクラブで提供する内容も決めやすいので、しっかりと考えようにしましょう。

2.ファンクラブ内での提供内容を決めよう

目的を決めたら、次にファンクラブ内で提供出来るコンテンツ=内容について考えてみましょう。

この時のポイントは、自分にとって無理のない内容にすることです。

なぜなら、ファンクラブとは継続して運営するものであり、魅力的な内容であっても、途中で息切れするような内容を設定すると、継続してコンテンツを提供することが難しくなり、ファンの皆さんをがっかりさせてしまうのです。

わたしの場合、ファンクラブでは下記の内容を提供しています。

・毎週のファンクラブ内限定動画配信
・月1回の演奏動画配信
表には出していない情報をどこよりも早くシェア
・ファンクラブの活動記録をそこでしか話さない感想ともにシェア
オフ会の開催

普通、音楽家のファンクラブというと『音楽』に関するコンテンツだけになりがちですが、わたしの強みはWEBでの発信や人の魅力を発掘することでもあるので、動画配信では「お悩み相談コーナー」を設けて、そこでどんな質問にも答えるようにしています。

3.密なコミュニケーションを取れる方法を考える

自分が楽しんで出来ること(得意なこと・強み)をサービスとしてファンクラブの会員限定で提供することで、普通にサービスを買って利用してもらうよりもはるかに密なコミュニケーションをとることができます。

わたしは以前ツイッターアドバイスサービスを行っていました。

依頼があった方のツイッターアカウント、ブログなどのWEBサービスを見て、その人のことを好きになって、レポートを作成してアドバイスをメールで送るのですが、そのレポートに対して、何も返信がないこともありました。

一度きりのやりとりを、もっと大切にして密なコミュニケーションをとるためにどうしたらいいか?ということを考えた結果、わたしはファンクラブ内のみでサービスをおこなうことにしました。

そして、さらに密なコミュニケーションを取るための方法として、オフ会を企画しました。

4.リアルも大事!オフ会を企画する

いくらウェブでいろんな人とつながることが出来るようになったからと言っても、やはりリアルで触れ合って交流した際の感動、楽しさや、伝わってくる情報量の多さは圧倒的に違います。

わたしは普段パリに住んでいますが、帰国時にオフ会を企画しました。

このブログを書いているいまも一時帰国中ですが、東京とふるさと福知山でオフ会をきかくしました。

東京は初めましての方も多かったし、1人1人と話す時間を増やしたかったので、1.5時間ずつ、2組に分けておこないました。


このとき心がけていたことは、ファンの方が話されているときは、とにかく聞き手に回るということでした。

わたしの夢や日々の活動に関する思いについては、ファンクラブ内の動画で伝えているので改めて強く宣言するものでもないですし、まずは純粋に人と人とのコミュニケーションを楽しみたいなと。

また、ふるさと福知山ではコンサートの翌日にオフ会を開催。

大好きな福知山のまちを歩きながら案内させていただきました。

そのときの様子がこちら。

みなさんに楽しんでもらえて、とても好評でした!

こんな風にブログ記事にしてくださった方も!

クラリネット奏者吉田佐和子さんと行く!福知山観光ツアー
http://www.yuzuusagi.com/entry/2017/08/18/150527

だいすきなまちをファンのみなさんと一緒に歩くのって最高ですよね。

5.クローズな場に人を呼びたいときは『見える化』を意識しよう

こういうオフ会を開催したときに意識したことは、記録を残し、まだファンクラブに入っていない人や今回来れなかった人に向けて発信すること。

ファンクラブってどんなことをやるのか分からないから入りにくいって人もいると思うんですよね。

だから『吉田佐和子のファンクラブに入れば、こんなことが楽しめますよ』っていう分かる内容を見せることはすごく大切だと思ってます。

『見える化』を意識すると、普段のSNSでの発信も少し変わってくるはずです。

ファンクラブの運営をとおして嬉しかったことなども、どんどん外へ向けて発信していくと良いですね。

6.ファンクラブの会員数を増やすための工夫

ファンクラブの会員さんですが『年内に40人になればいいかな』くらいに考えていたのですが、現在45人の方が参加してくださっています。

人数が増えてきた理由としては、下記のように考えています。

・月額500円と気軽に入りやすい値段である
・VALUの優待特典にしている

一般の購入と、VALUでの購入→窓口を2つ設けているんです。

わたしのVALUを保有してくださっている方は、保有しておられる間はずーっとファンクラブにも入っていただけます。(VALUとは、簡単に言うと個人の価値を仮想通貨で数値化し、取引できるサービスです)

主にわたしの今後の活動に期待してくれる人や、夢を応援してくれる人が買ってくださってます。

ただ、仮想通貨を持つことに抵抗がある人もいますし、そういう人には日本円でファンクラブ参加資格をお買い上げいただくようにご案内させていただいています。

>>>吉田佐和子ファンクラブ『吉田病友の会』【2017年下半期】

オススメ:ウェブでの決済は簡単で便利なBASEを利用しよう

ちなみに、わたしがファンクラブ会費の決済に利用しているのは、クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済などのさまざまな決済方法が選べて便利な『BASE』というサービス。

ちなみに、メンバー管理を簡易化するため、会費は上半期、下半期に分けて決済するようにしています。

5分あれば簡単にネットショップがオープン出来ちゃいますよ。

▼あなたのネットショップをつくってみる


ではではまたー!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!