表現する世界で苦しくなったあなたへ

表現する人は、感情がいそがしい。

良いものを創れたとき
必死の思いで創った作品が人に評価されたとき
お客さんがうれしい言葉をくれたとき
創ったものが誰かの力になれたとき
誰かの心に届いたとき

すごく嬉しくて、しあわせな気持ちになる。

反対に、胸が締めつけられて死にたくなるときもある。

創りたいけど創れないとき
普通のアイデアしか思い浮かばないとき
周りにいる人たちだけキラキラして見えるとき
あの子は選ばれて、私は選ばれないとき
何度も同じ失敗をしてしまうとき
嫉妬ばかりしてしまうとき
目標に追いつけない自分に限界を感じたとき

表現者は、空気の温度とか、においとか、景色とか、音とか、視線とか、味とか、日常の些細なものを作品に変えられる魔法使い。

いつ、どのタイミングでそのスイッチが入るかなんて分かんないし、そのスイッチを自分でコントロールできるほど器用でもない。

魔法を使えるという「器用」な部分がある一方で、その魔法をコントロールすることはできない「不器用」な部分もあわせもつ人が表現者なんだと思う。

きっと、その不器用な部分が創作に影響を与えているのだし、すべて器用に出来る人間になったら、創る作品も変わるのかもしれない。

・・・

演奏家として音楽という表現の世界にいる私の中には『色んな私』がいた。

今の今までしあわせだったのに、次の瞬間、とつぜん真っ暗闇の世界にいるってことが、何度も何度もあった。

そんなとき、私の中にいたのは、嬉しいことが起こって喜ぶ自分と、そんな自分を蔑み攻撃する自分だった。

前向きに頑張りたいとしあわせを望む自分がいるのに、その存在を「別の自分」は許さなかった。

『本当にできるの?』
『前もダメだったじゃん』
『いまそのレベルなのに?』
『そんな真正面から正論言っても無理だよ』
『そのペースで追いつけるの?』
『その作品で勝負できると思ってるの?』

自分の中にいる「別の自分」は、心にぐさっと刺さる言葉をよく知ってるから、一瞬で心が重たくなって、ぎゅーっと心が締め付けられた。

誰かに相談して、また頑張ろうって思うんだけど、なかなか上手くいかない。

胸がぎゅーって苦しくなったり、過呼吸気味になって涙が出ることだって何度もあった。

でもそれは全部自分が弱いからだって思ってたし、「自分のこと」だから、自分でなんとかしたかった。

自分でなんとか出来るのが普通だって考えてたし、みんなそれを何とか乗り越えてるんだろうし、みんながやってることくらい、ちゃんと出来る自分でいたかった。

自分を攻撃する「別の自分」の存在が居ることをどこかで受け入れたくなくて、他の人がやってることを、必要以上にやることで誤魔化していたのかもしれない。

でも、あるとき、ほんとにほんとに無理だなってときがきた。

そのきっかけは、私にとってはすごく大っきくて、だいじなことだった。

心から、変わりたいって思った。

「別の自分」とどう対峙したらいいかわからない自分がいるってことを、自分のことなのに、自分でよくわかんないってことを認めようと決心したときでした。

・・・

表現者は、アスリートと似ている部分があって、精神と体を整えて、良いパフォーマンスをするという点においては同じ。

ただ、私は「精神を鍛える」ことや「精神を整える」ことは、自分のことをよく理解しているからこそ出来ることで、自分の中にいるいろんな自分を把握することが出来てないと、一部分だけ変に鍛えられたり、変に整えられてしまうように感じています。

表現者特有の精神的なアップダウンを病気と言われるのは違うと思ってるし、コーチングなど何らかの手段を学んで解決!とかそういうのでもない。

それに、日本には「精神病」っていう「病」を使う単語があるからか、精神=メンタルのケアに対して敬遠しがちな部分もあるけど、とにかく現状が正しく把握できないと対処のしようがないなって。

そのとき、初めて「メンタルカウンセリング」というものを受けてみました。

場所は、東京の原宿にあるTAO均整閑です。

体の悩みがあって施術を受けた時に、体と心(日々の考え方)の状況把握がとても的確で、分かりやすい言葉で説明してくださったことから『この先生になら、いろいろ話せるかもしれない』と心から思うことができたんです。

モデルさんや芸能人の方も通っておられるそうで、色んな悩みを聞いておられることも私を後押ししてくれました。

私がケアを受けたのは2回でしたが、心の中にいろんな自分が居ることに気づけてとても楽になったし、先生にいただいたアドバイスにしたがって自分で出来るケアをしたところ、以前ひたすら自分を攻撃しまくっていた「別の自分」は全然出てこなくなりました。

その代わりに、いままで小さくなっていた「素直な気持ちを持った自分」の存在が心の中で大きくなってきました。

自分の音楽が最高だって言いたい!
もっとたくさんの人にこの音楽を届けたい!
もっと、もっと、この気持ちに素直になりたい!

そういう自分が大きくなってきて、ケアをしてもらってからは、それを攻撃する「別の自分」は出てこなくなりました。

心は目には見えない部分だから、私の心境の変化を文章に綴るのはこれが精一杯なのだけど、もしも、同じように色んな自分がいて悩んでたり、すごくしあわせな時と胸がぎゅーって締め付けられるように苦しい思いを行ったり来たりすることを長い間繰り返している人は、勇気を出して訪ねてみてほしいんです。

私がこれを書いたのは、自分がすごく創作することや表現することに集中出来るようになったからだし、同じように表現する世界にいて苦しんでる人がちょっとでも楽になってほしいなって思うから。

1人じゃないよ。

今の状況をどうにかしたい、もっと頑張りたいって思ってる表現者のあなたへ届きますように。

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!