音楽家・演奏家がプロフィール写真を撮るときに気をつけたい3つのこと

音楽家・演奏家にとって、必ず必要になるのがプロフィール写真!

今日は、プロフィール写真を撮影するときに必ず気をつけてほしい3つのことを紹介します。


スポンサーリンク

そもそもプロフィール写真って何?

プロフィール写真とは、こういう感じで自分と専門の楽器を写したものです。

わたしはクラリネット奏者なので、クラリネットを持って撮りますが、楽器が大きすぎてスタジオに持ち込めないピアノの人や、そもそも自分が楽器!という声楽の人などは何も持っていないときもあります。

(ピアノの人はたまにキーボードと撮られている場合もありますね。)

1.メイクは必ずいつもより濃いめに!

まず、プロフィール写真を撮る時は、メイクは必ずいつもより濃いめにしましょう。

プロフィール写真を撮るときの照明って結構強いので、メイクが飛んじゃうんですよね。

女子に気をつけてほしいのは次のパーツ。

・眉毛(濃く描きすぎると主張が強くなるので程よく!)
・アイシャドウ(強め!)
・まつげ(つけまつげがオススメ!)

・チーク(強め!)
・リップ(口紅+グロスでウルウルに!)

特に気をつけてほしいのは目のパーツです。

写真を見たときって、まずは顔を見ると思うんですが、いきなり唇に目がいく人はなかなかいません。

やっぱり目を中心に顔を認識してるんですよね。

なので、目力がしっかりと出るようにメイクしましょう。

2.打ち合わせでしっかり好みを伝えよう!

写真を撮る前には必ず打ち合わせの時間がありますが、その際にしっかりと自分の好みを伝えましょう。

そのためにやっておきたいことが、フォトスタジオやフォトグラファーさんを選んだら、撮影された写真にざっくりと目を通して、自分の好みの写真を見つけること。

チェックしたいのはこの2つです。

光の加減(表情が固く見えないか?かしこまりすぎてないか?)
表情と構図(変なポーズをとっていないか?魅力的に見えるか?)

特に、フォトスタジオで撮る場合、光の加減はかなりスタジオによって違います。

自分の生活圏から近い場所にあるからとか、安いからとか、絶対にそういう理由だけでスタジオを選ばないようにしてください。

また、表情と構図に違和感を感じる場合、撮影された人があまりリラックス出来ていなかったり、フォトグラファーさんと意思疎通が上手くできていなかった可能性があるのであらかじめチェックしておきましょう。

そして、過去の写真をよーく見て、自分の好みの写真を見つけたら何故その写真をいいと思ったのか?考えてみましょう。

写真は場合によっては何百枚も撮った中から選ぶときもあります。

『自分の好み』を理解しておくことで、打ち合わせもスムーズになりますし、写真を選ぶときの決断スピードも格段に上がります。

3.あなたにあった衣装の選び方

プロフィール写真を撮影するときの衣装は、クラシック演奏家の場合はほとんどドレスですよね。

色は出来れば黒以外のものか、黒の場合はラメやスパンコールなどで華やかなものにするといいですね。

プロフィール写真はたくさん使う機会があると思うので、お気に入りのドレスで撮ってみてください。

骨格診断×パーソナルカラーに基づいた自分にあった色のドレスを選ぶのもいいですね。

『わたしが着てる服って、ちゃんと自分に似合ってるの??』 パリで生活するようになって、自分が着ている服に自信がなくなりました。 パリ...

また、より個性が伝わるプロフィール写真を撮りたい人は私服や少しカジュアルな服でもOK。

わたしが過去に撮影した私服+楽器で撮った写真はこんなかんじ。


この服はライブでも着ていたり、2ndアルバムのジャケットで着ている服でもあるんですが、ちょっと個性的な服はプロフィール写真にぴったりです。

楽器を持っていないイメージ写真はHPやチラシ、グッズなどの販促物にも使いやすいのであると便利ですね。


また、フォトスタジオの場合、衣装を追加すると追加料金が発生する場合もありますが、もし衣装に迷っている場合は衣装を変えて何パターンか撮るのもあり。

1度写真を撮ると、次に撮る機会ってしばらく空いたりするかもしれないですし、2つか3つくらい写真のパターンがあっても全然問題ないですよね。

大阪でおすすめのスタジオ・フォトグラファーさん

最後に、大阪でオススメのスタジオとフォトグラファーさんを紹介します。

プロフィール写真って、音楽家にとっては必ず必要ですよね。 でも、初めて撮る時ってどこに行けばいいか全然分かんないし、すっごく困るんですよね...

大阪でフォトスタジオを探している人はこちらの記事を参考にして選んでみてください。

頼りになるフォトグラファーさん

フォトグラファーさんは、今まで気付かなかったあなたの魅力を引き出してくれます。

スタジオを飛び出して、ぜひお気に入りの方に撮ってみてもらってください。

<関西圏>
・平井 裕士さん
まだ撮影をお願いしたことはないのですが、インスタグラムのフォロワーは17万人超え。リンク先はFBアカウントですが、そこにアップされている人物画像はどれもお人柄が現れていて優しい雰囲気が漂っています。

<東京>
・おのしのさん
今回の記事で使用している2枚目、3枚目の写真はおのしのさんの撮影です。光の操り方がすごく繊細で美しく、期待以上の世界観に仕上げてくださいます。とっても綺麗で優しいおのしのさん。リラックスして撮影できます。

・momokaさん
まだ撮影をお願いしたことはないのですが、いつもツイッターやインスタをチェックしていて、とても好きなフォトグラファーさん。透明感のある個性的な写真を撮りたい方にオススメ。

・矢野 拓実さん
透明感はもちろんですが、写真から漂う『白』の感じが好き。まっすぐで人懐っこい方なので、きっと撮影もしやすいのではないかと。

まとめ

プロフィール写真を撮りたい!と思ったとき、最初は色々とわからないこともあると思いますが、撮りたい写真の雰囲気に合わせて撮影してもらう人を選んでみてください。

きっと今まで知らなかったあなたの魅力が見つかるはずです。

あなたが素敵な写真を撮れますように。

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

魅力的なコンサート記録を書くための5つのポイント

個性がなく何処にでもあるファミレスのようなコンサートには誰も...

遠方でも行きたい!と心が動くのはファミレスのように何でもある...

音楽家の目的に合わせたおすすめブログツール4選

音楽家のクラウドファンディングはファンとの絆を築き新たなファ...

【保存版】コンサートプログラムを自作するときに気をつけたい5...