所有形容詞を使って写真の説明&井上陽水とフランス歌手のコラボ曲

フランス語のプライベートレッスンを受けていると、よく日本とフランスの違いや、それぞれの文化について話すことがあります。

先日、わたしはこの写真について説明をしました。

この写真は11月の初旬に撮った写真で、わたしの左に写っているのは作曲家の中島ノブユキさんと、奥さんのみゆきさん。

ノブユキさんは、フランスですごく有名なジェーン・バーキン(Jean Birkin)という歌手と一緒に演奏をされている素晴らしい方です。

奥さんのみゆきさんは、舞台で使う衣装に施す装飾を作られる方。

お2人はとても仲が良くて、見ているとほっこりと幸せな気分になります。

写真の説明をするときに、所有形容詞(mon/ma/mes/son/sa/ses/votre/vos)を使って写真を説明するという課題を出されたんですが、わたしが作ったフランス語はこちら。

J'ai pris cette photo au début de ce mois.
Ce sent mes amis.

Mousieur Nakajima est à ma gauche.
Il est comporsiteur.Il s'appelle Nobuyuki Nakajima.
Il joue avec Jane Birkin.Jane Birkin est chanteuse.

Madame Nakajima est à sa gauche.
Elle s'appelle Miyuki Nakajima.
Elle est costumiere de théâtre.

Leur couple s'entend très bien!

先生曰く、20年ほど前からフランスは日本の文化(食べ物、インテリア、モード、漫画、コスプレなど)に影響を受けてきたけど、音楽の影響はあまり受けていないんじゃないか?と仰っていました。

作曲家の武満徹や坂本龍一、映画監督の北野武や黒澤明などは有名だけど、日本の有名な歌手もあまり知られていないと。

ただ『ジェーン・バーキンが井上陽水とコラボしているのは知ってる』と仰っていました。

この曲です!

「カナリア」の歌詞はこちら。

カナリア、カナリア、カナリア・・・

続いてジェーン・バーキンの『Canary Canari』をお聴きください。

2:00〜井上陽水が日本語で歌詞を語り口調で紡ぎます。

この楽曲は、井上陽水の「カナリア」を聴いたジェーン・バーキンがラブコールを送って共演が実現したんだそう。

これは全然知らなかった..

プライベートレッスンで日本語も話せるフランス人の先生に習っていると、こういう風に日本とフランスの文化の違いなどについて沢山教えてもらうことが出来るので、それがすごく嬉しいです。

レッスンは毎週1回、可能なときは週2回受けるようにしているのですが、毎回とても楽しみです。

ちなみに、レッスンがある度に日記(mon journal)を提出しているようにしています。

何行でもいいから、その日あったことを書いています。

きちんと文法を習ったりするのはもちろん大切ですが、やっぱり普段の生活で使う言葉をまずしっかりと完璧にしていきたいですね。

先生のレッスンでは次の4冊のノートを使用します。

1.先生用のノート(黒板がわりに使用)
2.わたし用のノート(これは普通にノートとして使用)
3.単語用のノート(単語だけを書いていくノート)
4.日記のノート

そして、レッスンが終わったら『黒板がわりに使用したノート』と『添削された日記』をもう一度書くように言われています。

授業を受けることももちろん大事ですが、復習して自分の頭の中にしっかり定着させるのってすごく大事ですよね。

今日も引き続きフランス語の勉強を頑張っていきたいと思います。

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

フランス語で会話をしたい初心者が覚えておきたい文法と単語

パリで体験した良い経験+etreを使ったpassè comp...

フランスの祝日を覚える&日本語の祝日を説明することで分かるこ...

1日8時間以上語学学習をしてみたらむっちゃ生活が変わった

背骨は語る。音楽は語る。

MacのOSで簡単にフランス語の特殊文字を入力する方法