音楽と同じようにもっと自分をさらけ出していきたい。

この2年間ほどわたしは『誰かの役に立つブログ』『読まれるブログ』を意識して書いてきました。

ブログを始めた当初は活動内容やその日の出来事を書いてたんですが、色んな人のブログを見るようになってわたしが書く内容ってこれでいいの...?と疑問を感じるようになったんです。

でも今思えばわたしの文章の長所や短所を全く考えずに

わたしの文章はこのままじゃだめだ!

もう、全面的に変更する!!

と今までつくってきたものを一方的に全否定して決断した気がします。

創り出したものを誰に届けたいのか?具体的に考えるのはとても大事なことです。

音楽家やアラサー女子をターゲットに書いた記事に毎日たくさんアクセスがあるのは確かです。

ただ、今年の夏から立ち上げた音楽家のためのオンラインサロンでは、毎月目標を立ててるんですがそこでわたしが立てた目標を振り返ってみると、ブログのターゲットに対する違和感をずっと感じていました。

でも、その違和感の正体がやっと分かったんです。

以前書いたこの記事に掲載しているフォトスタジオの方から感謝の言葉をいただいたことがありました。

プロフィール写真って、音楽家にとっては必ず必要ですよね。 でも、初めて撮る時ってどこに行けばいいか全然分かんないし、すっごく困るんですよね...

でも、そのやりとりの中ですごく心に残っている言葉があるんです。

『沢山の人が吉田さんのブログを読んでこのスタジオを知ったって言ってくれてるんですよ。「どこで知ったの?」って聞いたら「誰か忘れたけど、楽器やってる人」って言ってて・・』

あ、吉田佐和子って個人のことは記憶に残らなかったんだな、と気付いたんです。

誰かに役立つ情報は、それを探していた人に喜んでもらえます。

でも、それを繰り返しても読んでくれた人の記憶に残らないとしたら...??

音楽家として、それはとても残念なことなんじゃないかなって思ったんです。

よく読まれている記事と音楽との関係性が低いこともあると思うんですが、それだったら、わたしのことを好きって思ってくれているファンの人に、わたしの考えていることをたくさん届けたいなって。

違和感の正体は、作曲や演奏をするときは思っていることを思いっきり表現して自分をさらけ出してるのに、文章ではそれが本当の意味で出来ていないことにあったんです。


スポンサーリンク

まとめ

誰かに役に立つ、たくさん読まれる記事を書きたい!と思ったこそ身についた知識がたくさんあります。

響く言葉、響かない言葉、読みやすい文章、読みにくい文章、構成、写真、などなど。。

この歩みが教えてくれたことは数え切れないし、それがあるからこそ、ふるさと福知山の魅力発信WEBマガジンの編集長をやれてるところもあるんですが、これからは今まで以上にわたし自身のことを発信していきたいと思います。

そう決めてからここ数日間、今までとは違った気持ちでブログを書いみたら、やってみたらすごく身軽になれました。

うん、変えて良かった。

あなたは発信する上で身軽になれてますか?

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

パリでブラジル出身ピアニスト イリアーヌ・イリアスのライブを...

幸せになることを諦めない。

好きなひとが、出来ました。

ダンケルクで映画『ダンケルク』を見てきました。

パリでアートを学ぶお姉さんに『ダヴィンチに似てるね』と言われ...

パリでオシャレなインテリアを揃えるコツとおすすめブランド4選