パリで日本語の通じる整体『日本カイロプラクティックセンター』へ行ってきました

今日は朝からカイロプラクティックへ行ってきました。

フランス語や英語で自分の症状を話すのはまだまだ無理なので、日本人の方がやっておられる『日本カイロプラクティックセンター フランス』へ行ったのですが、見事に骨が曲がってました(もともと曲がってるんだけど)

写真の上の図でいうと1に近い曲がり方になっているようです。

また、耳・肩・腰の位置の左右差も結構あって、左と右にかかってる体重差は5キロもありました。

でもこんなに骨が曲がってても何とか体はバランスをとって立とうとしてくれるんですね。びっくり。。

引き続き治療に行くことになったので、経過を見守りたいと思います。

治療が終わったあと、なんだか無性に食べたくなってマクドナルドへ吸い込まれていきました。

ただ、注文したフィレオフィッシュ・ナゲット・オレンジジュースのうち、ジュース以外の揚げ物の油に胸焼けしてしまい、食べたあとで『そういえばマックの揚げ物は沢山食べられなかったんだ』と気づいてお店を後にしました。

なぜ忘れていたんだ、わたし。。。

日本もそうなのかもしれませんが、パリでカイロプラクティックと一言で言ってもいろんな施述をする方がいるそうです。

日本でいう整骨院のようなところへ行こうとすると、「まずはレントゲン撮ってきて」と言われることもあるとか。。

とりあえず経過を見るためにももう一度足を運んでみます!

【追記】
2回行って、体の状態は良くなってきました!

先生はとても優しい方で、音楽家の人も結構来るそうです。

月1位のメンテナンスや、まだフランス語ですべてのやり取りを行うのが不安な方におすすめです。

The following two tabs change content below.
吉田佐和子
パリ在住の福知山を愛しすぎているクラリネット奏者。京都府福知山市の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』編集長。アルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルで聴いてくださいね。
ファンクラブ募集
by
関連記事