「上手く」なりたいより「仲良く」なりたい

パリで迎える初めてのお正月は日本と違って親戚の家に集まったり、お正月の特番をみたりすることもなく、静かに過ぎています。

その分、日々語学や楽器で取り組みたいことに早速チャレンジしたりしてみて、お正月から集中して取り組める楽しさを感じています。

今年はどんな年になるんだろう。

自分でもまだまだ想像がつきませんが、英語とフランス語ともっと仲良くなりたいし、楽器とも仲良くなりたい。

「もっとうまくなりたい」「上達したい」って感覚よりも、個人的には「仲良くなりたい」って感覚の方がしっくりきます。

こういうのも考え方なんだと思うけど、自分がより楽しんで取り組める考え方をしたいなって思うんです。

ついつい、自分がしんどくなるしかないような、追い込んだ考え方をしている時があるんですよね。

それは体調だったり、誰かの何気ない一言だったり、根本的にすこし弱っているときにそうしてしまうんだろうけど、怖いのは、弱ってることに気づかないとき。

心か体がSOSを出していたら、なるべく早く気付いてあげたい。

自分1人で乗り越えられそうなことや、解決出来ないと思ったら、困っていることや、助けて欲しいってことをちゃんと言いたい。

今年はどれだけいろんな「学び」と仲良くなれるだろう。

どんな人と仲良くなれるだろう。

そんなことを思いながら、新年を迎えています。

Related Entry

デキる人材になるために:南場智子さんの講演から学んだこと

何かをやり遂げてからじゃないと『やって良かったね』って言わな...

これだけはやっちゃいけない!2016年を振り返って反省した2...

イライラと疑問で死にそうなときってどうしますか?

あなたは楽譜へ書き込みをする時に『否定形』を使っていませんか...

物事がうまくいかないときにするべきことは落ち込むことじゃない