乾燥が気になるパリで使っているスキンケアコスメ

春にパリに住み始めてから最初の1ヶ月くらいはお肌の状態は日本にいた頃と変わらなかったんですが、秋くらいから乾燥が酷くなってきました。

これではいけない!と思って揃えたのがこちらのスキンケアコスメ。

左から順番に

  1. ビオデルマの拭き取りメイク落とし
  2. ラロッシュポゼの洗顔クリーム
  3. ラロッシュポゼの化粧水ミスト
  4. キールズの化粧水
  5. キールズの乳液
  6. アヴェンヌの保湿クリーム
  7. 脚の乾燥対策用のボディクリーム

正直、何一つ日本で使っていたものがありません。

日本にいるときはそんなに肌トラブルもなかったんですが、秋からずーっと乾燥に悩まされていて、冬には頭皮が乾燥で炎症を起こしてしまったりして。。(この話はまた改めて詳しく書きます)

今年はパリに住んで1年目なので、まだまだ体も慣れないんでしょうね。

ビオデルマ、ラロッシュポゼ、アヴェンヌはサン=ジェルマン=デ=プレにあるファーマシーで日本よりも安く購入できるので、とても助かっています。

順番にそれぞれを選んだポイントを紹介していきます。

1.ビオデルマの拭き取りメイク落とし

パリではメイク落とし用のオイルやクリームは全然売っていなくて、拭き取りタイプのメイク落としが主流です。

最初は日本で持ってきていたものを使っていたんですが、これを使ってみたときにあまりにも簡単にメイクが落ちるのでびっくり&硬水で洗顔をしないぶん肌にも優しいのかな?と思ってずっと使っています。

もし毛穴の汚れなどが気になる人は鼻用の毛穴パックや毛穴を引き締めるフェイスパックを使用するといいかもしれません。

ちなみにパリでよく見るビオデルマの拭き取りメイク落としには青とピンクのパッケージデザインのものがありますが、青は乾燥敏感肌用、ピンクは敏感肌用だそうです。

2.ラロッシュポゼの洗顔クリーム

パリ在住の化粧品にむちゃくちゃ詳しいお姉さんにオススメしてもらって購入。

すっきりとした洗い上がりですが、ちゃんと保湿もされている感じが好き。

ただこれと同じものが日本のアマゾンや楽天ショップでは見つからず・・リンク貼れなくてすみません。

3.ラロッシュポゼの化粧水ミスト

パリにくる前から愛読している『必要なのはコスメではなくテクニック』で紹介してあったので購入。粒子がすごく細かくて気持ち良いです。

4.キールズの化粧水

こちらも『必要なのはコスメではなくテクニック』で紹介してあったので購入しました。

とろりとした化粧水で、お肌にすーっと染み込んでいく感じがたまりません。

5.キールズの乳液

キールズの化粧水を買ったときに試供品としてついてきたものを使ったらお肌がプルプルになって感動してすぐに買いました。

お肌が劇的に変わったのはこの乳液のおかげ。

6.アヴェンヌの保湿クリーム

パリ在住の化粧品にむちゃくちゃ詳しいお姉さんにオススメしてもらって購入。

恥ずかしながらそれまで保湿クリームを使っていなかったんですが、それをお姉さんに言うと『どれだけ良いスキンケアをしても最後にフタをしてあげないと意味がないよ〜』と言われ、納得して購入。

確かにスキンケアの最後にぴったりの使い心地です。ここまで紹介したスキンケアコスメたちとの相性も良い感じ。

7.脚の乾燥対策用のボディクリーム

冬になって乾燥もMAXになり、脚がものすごく乾燥し始めました。

それまではいつもオイルマッサージをしているので、そこで保湿も出来ていて、それで十分だったんですが、、

夜と朝にこのボディクリームを塗るようになり、症状も改善しました。

これも日本でこれと同じものが日本のアマゾンや楽天ショップでは見つからず・・リンク貼れなくてすみません。

さいごに

思いがけずパリの乾燥にやられてしまったわたしですが、ご紹介したスキンケア以外で肌の状態を良くしたいと思った人に猛烈におすすめしたいものがあります。

それがこのシャワーヘッド。

お風呂のお水を硬水→軟水に変えてくれるシャワーヘッドにしたら、パリにいてもお肌の状態がよくなりました。

水の違いに敏感な人なら、効果がすぐに実感出来るはず。本当にオススメです。

ちなみに、パリの硬水に合わせて買ったこのラインナップを日本で使うと本当にお肌がスベスベになります。

やっぱり日本の軟水は良いですね。

The following two tabs change content below.
吉田佐和子
パリ在住の福知山を愛しすぎているクラリネット奏者。京都府福知山市の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』編集長。アルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルで聴いてくださいね。
ファンクラブ募集
by
関連記事