自分の目指すパフォーマンスが出来る体をつくる

今日は朝起きて、実家の近くをウォーキングしていました。

もうすごく空気が気持ちよくて、川のせせらぎ、鳥の鳴き声、心地よい風、朝陽を浴びながら歩きました。

パリでウォーキングしているときはいつも音楽をかけながら歩いてるんですが、イヤホンを外したときに聞こえてくる音は、やっぱり日本が一番好きです。

先日、福知山で演奏した際に、『自分の目指すパフォーマンスが出来る体をつくりたい』と強く感じました。

自分の自主企画のコンサートは内容を自由に決められるわけですが、やりたいプログラムが割とハードなんですよね。

交響詩『福知山』も全部演奏したら25分くらいある大曲です。

で、ずーっと喋りながら進行していくこともあって、休む暇はありません。

自分の演奏したいプログラムを、自分の求めるクオリティーと集中力で乗り越えられる体を作りたい。

それができれば、もっとお客様にも感動を届けられるんじゃないか?伝えたいことが伝わるんじゃないだろうか?と思っています。

少し前は「良い演奏をするために体をつくる」と思っていましたが、やりたいプログラム、やりたい演奏が具体的になったことで、具体的に必要なトレーニングも明らかになってきました。

とにかく運動はしっかりやっていきます。

ちなみにわたしがウォーキングをする際に使用しているアプリはこちらです。

他にも、このフィットネスアプリを使って普段使わない体の部分も鍛えてます。

あなたは体のためにどんなことをしていますか? 音楽家だけでなく、すべての人にとって体はとっても大事なもの。 わたしは最近ウォーキング...

みなさんも自分の目指すパフォーマンスをするために、体を鍛えましょう。

体が鍛えられると心も鍛えられてシャキッとしてきますよ〜〜

Related Entry

1人で練習していた時は出来ていたけどレッスンになると出来ない...

物事がうまくいかないときにするべきことは落ち込むことじゃない

木村直人さんの『迷わない』姿勢から学ぶこと

運動嫌いだった私が理想の体型を目指すためにしている7つのこと

一瞬で元気になる!?自信を取り戻すポーズでパフォーマンスを上...

性格最悪でも不器用でも何でもいいからとにかく行動してくれ