誰かが既にやっていて私がやらなくてよいこと

わたしはやりたいことがたくさんあるタイプなんですが、先日こんなツイートが目に留まり、しばらくあることを考えていました。

『やりたい』と思うことのなかで、「最後まで何があっても責任をもとうと思えるもの」とは何だろう?

そして、わたしがやらなくてよいこととはなんだろう?と。

これは、いまむちゃくちゃ夢中になってる3つのこと「英語」と「フランス語」の勉強、そして「クラリネットの練習」という時間をかけて取り組みたいものがあるなかで改めて感じたこと。

やっぱり何か始めたいことがあったり、新しいことに時間をとりたいときは、何かをやめるのが一番はやいんですよね。

だから、わたしはやめることをそっと決めました。

何かに挑戦しようとするのをやめるわけじゃなくて、やっていることを唯一無二のものにするために、より深めていくものを明確にすること、より没頭出来る環境をつくるだけ。

「いくつかのことを掛け合わせればオリジナルのコンテンツになる」というのは最近よく言われていることで、それらを同時進行させていくのは当たり前ですが、その掛け合わせが『自分だけの最強のコンテンツ』になるように、今やらなくていいことを明確にすることはとても大切。

それぞれのことをベストなタイミングでガッツリ取り組めるようにしたい。

そして、同時にセンスを磨くことも忘れたくない。

これは大好きなマルチクリエイターの白水桃花さんのつぶやきを見て、わたしにはインプットもアウトプットもまだまだ足りない…!磨けてないぞ!?と感じたからです。

最近、桃花さんのアウトプット力は以前にも増してものすごい勢いで上がっていて、はたから見える部分って「全部」ではないわけだから、この人はいまどれだけ成長してるんだろう・・・って本気で思うくらいすごいんです。

だから、きれいなお花を買ったり、お気に入りのショップに服や雑貨を見に行ったり、コンサートや美術館や映画に足を運んだり。。

勉強やクラリネットに関する時間以外も質の良いものに触れてセンスを磨くことで、わたしらしく人生を生きるセンスをもっと磨きたい。

先日芍薬を買ってからお花が咲き続けている間はお部屋がずーっといい香りで包まれていて、気持ちよく勉強したり、PCで作業をすることができました。

日々取捨選択していることがそのまま人生になるのだから貪欲にやればいいし、今やってることは、わたしの人生をより豊かにしてくれる夢中になれることばかり。

これだけ夢中になれることなんだから、いろんなことをもっと知りたい。

基本的な部分を見直すことも、何も恥ずかしくない。

この先にどんな道が出来るかなんていつも分からないけど、いまやってることが唯一無二のものになる過程を、たのしみながら、夢中になりながらやっていきます。

by
関連記事