取り組む前から自分の可能性を諦めなくていい

最近「DELF」というフランス語の資格をとるための勉強をしています。

DELFっていうのは、フランス国民教育省というところが認定した唯一の公式フランス語資格のこと。

フランス語の能力や知識を証明書として形にすることができるものです。

詳しく知りたい人は日本フランス語試験管理センターのこちらのページをみてくださいね。

ざっくり言うと仏検とかTOEICとかそういう検定です。

レベルはこんな感じで分かれていて、わたしはB1に挑戦しようとしています。

学習時間の目安が書いてありますが、普通にフランス語の授業を受けたり自分で学習した時間+試験の内容に合わせた対策が必ず必要になってきます。

自分が受けるタイミングは実際やってみてから判断したらいい

DELFの試験勉強をしていると、フランスで生活していく上で知っておいた方がいいことを扱った内容が多く、もっとはやく(渡仏1年目から)取り組んでいたらよかったなぁと思いました。

いつだったか、ツイッターで『DELFB1受けます!』というと「まだ早いんじゃない?」と見ず知らずの方に言われたことがありました。

でも、その人は私の学習状況なんて知らないんだし、早いかどうかは試験対策をはじめてみないと分かりません。

わたしは以前、基本的なところが出来てないとDELFは受けられないんだし、テキストやるのも後でいいや。と思っていたのですが、そんな昔の自分に『とりあえずテキスト買ってやってみて!!』と言いたい。

諦めるなら、テキストを解き続けてから諦めてほしい。

やる前から勝手に悲観的な未来を想像してやめることほど人生においてもったいないことはありません。

やめるんだったら、ちょっと挑戦してからやめたらいいんです。

「自分は出来てないんだから、まだ取り組むのは早い!」と思うのは簡単ですが、まずはテキストを取り寄せて少し解いてみることをおすすめします。

やってみたから分かったこと

例えばオーラルのテスト対策をやると、日常生活で聞こえてくるアナウンスが聞き取りやすくなったりします。

これがめちゃくちゃ嬉しいんですよね。

アナウンスって何回も聞いてたら話してる単語が聞き取れるようになってくるけど「たまに聞く」くらいじゃ全然わかるようになりません。

最初は分からない単語もたくさん出てくるんですが、それでも同じ問題を2回、3回とやれば分からない単語はかなり減ります。

そして、日本で売っている文法書で見る文章とDELF対策の本で扱う文章は全く違うので、ずっと文法書を開いて勉強ばかりしていても、DELFに受かるような力はつきません。

このいま取り組みたいと思っているものに適した内容をすること、それをやってから判断するだけで、自分の道はもっと広げていける気がしました。

なんで、やる前にわたしには無理だって諦めちゃったんだろうな。とも思いました。

人のマイナスな意見は無視しよう

物事をマイナスに捉えること、事前に起こりうることを察知して準備することもできるので悪いことばかりじゃありません。

でも、その思考がいきすぎたり、周りからマイナスなことばかり言われていると、ちょっと自信がなくなったりするんですよね。

これはもう仕方ないです。私だってそうなっちゃうときはあります。

だからこそ、行動する前から自分の可能性を勝手に諦めたり、減らさないように、いつも少し気をつけていたい。

取り組んでる最中も、希望を捨てずにいたい。

DELFのテスト合格に向けて、希望を持って、実際に手も動かして取り組んでいきます。

ちなみにわたしのおすすめはこのテキストです。

とっても解説が丁寧なので、1人で対策をする人におすすめです。

The following two tabs change content below.
吉田佐和子
パリ在住の福知山を愛しすぎているクラリネット奏者。京都府福知山市の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』編集長。アルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルで聴いてくださいね。
ファンクラブ募集
by
関連記事