わたしを救ってくれた語学学習と強みを把握する利点

去年パリに来てから、正直何度死にたいと思ったか分かりません。

何かにのめり込んでるときもあったけど、何にできもないときもたくさんあって、今までの人生の中で一番ぼーっとする時間や泣いてる時間が多かった一年でした。

体調もすごく悪くて、腰痛がひどくてぜんぜん歩けなかったり、全身疲労感があったり、微熱で頭がぼーっとしたり、トータル2ヶ月くらいは外に出ることも出来ずに丸々家にいました。

日本にいるときに少しは持ってたはずの自信が全然なくなってることは確かで、生きていることに意味が欲しいって思ったし、とにかく自信がほしかった。

正直何をどうすれば満たされるのかよく分からなくて、身近な人に優しい言葉をかけてもらっても、急に泣いたりしてました。

そんなときに、わたしを救ってくれたのは語学学習でした。

わたしを救ってくれた語学学習

わたしは、パリに来てフランス語をメインに話す日々を送っていて、英語はほとんど使いません。

全然フランス語の知識がなかったので、パリに来てから語学学校に通いはじめました。

そのなかで、全然出来ないことでも頑張って毎日勉強すればわかるようになる喜びを知りました。

続けることで、こんな風に周りの景色が変わって見えるんだ、、!と思ったし、続けることの大切さ、それを正しい方法でやる大切さを実感しました。

そして、わたしはそういう力をもっているということは、わたしが欲しかった自信をすこし与えてくれました。

これは楽器練習も一緒で、毎日フランスに来てから教わった先生のアドバイスを毎日やっていると、本当に少しずつですが良い影響が出ていると実感出来ます。

パリに来てなくなってしまった『何かをやりたい』と思う意志や『継続して何かに取り組むことの大切さ』、『やりたいと思うことを出来る強さをもっている自分』を語学学習が教えてくれました。

自分を理解するためのポジティブ心理学

きのう、無料でできるポジティブ心理学のテストで『強み』を判定する診断をやってみました。

>>ポジティブ心理学の詳細や無料で受けられる診断のやり方はこちらのブログに詳しく書いてあります。

24ある強みのうち、わたしの次の5つがわたしの強みでした。

1.審美眼
2.創造性
3.勇敢さ
4.向学心
5.感謝

この中には最近わたしが意識して身に付けたいと思っていたことも含まれていたのでとっても嬉しいです。

こういう強みを判定できるツールってストレングスファインダーとか有料で出来るものもあるんですが、このポジティブ心理学のテスト『VIA-IS』も強みを出すために240もの質問を出されるので、無料でもすごく参考になるデータがとれています。

さらに、この強みをどう活かしていけばいいのか?ということがこちらのDaiGoさんの動画でむちゃくちゃ分かりやすく説明されているので、ぜひ見てみてください。

客観的に強みを把握する利点

DaiGoさんが動画のなかでも仰ってたんですが、ずーっとやってることって、だんだん凄いと思わなくなるんですよね。

わたしの場合、クラリネットの練習がそうです。

どれだけの時間取り組んだとしても、それくらいやるのが「普通」になっているので何もすごいとは思いません。

ただ、1つのことにそれだけ集中して取り組めること、飽きずに続けられることは凄いことだったりします。

「継続して取り組む力」「向学心」などの力を持ってるということなんですが、なかなかそれを強みだと認識出来ていませんでした。

ただ「当たり前」で済ませてしまっていることに対して、なぜ?どうして?と当たり前に出来ている理由を考えてみると、もっとこうなりたい!というビジョンがあったり、目標にしている演奏者の方や音があったりします。

そんな風に何かを探求する力は、楽器の練習以外でも本当はすっごく使えるはずなんです。

私の場合は『ビジョンが明確にあればあるほど、その実現に向かって行動を起こすことができる』という強みがあるので、これからやりたいことや、苦手だけどマスターしたいことがあれば、ビジョンをまずどれだけ緻密に描けるかということが重要になってくるはずなんです。

実際、先ほど紹介した5つの強みを絡めるとこんな感じになります。

『審美眼』を持って様々な例を調べ、『向学心』をもってどうすればそれが実現するかを学んだ上で、『創造性』をもって『勇敢』に、周りの人に対する『感謝』を忘れず実現する。

いま取り組んでいることに「強みを活かすこと」、そして「いまわたしは強みを活かせている」と認識出来ることはすごいパワーになります。

それが強みを客観視することの利点です。

人間ですから、やっぱり苦手なことをやってるときよりも、得意なことをやってるときの方が生き生き取り組めますよね。

わたしがやっている楽器も、語学学習もぜんぶこの強みを活かすことが出来るんだ、と思うとすごく嬉しい気持ちになりました。

心理学の重要性は感じていたつもりだったけど、もっとはやくこれに気付けたら良かったなーーーと正直思ってます。

ぜひあなたの強みが分からない人は、一度無料診断を受けてみてくださいね。

>>ポジティブ心理学の詳細や無料で受けられる診断のやり方を見てみる

The following two tabs change content below.
吉田佐和子
パリ在住の福知山を愛しすぎているクラリネット奏者。京都府福知山市の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』編集長。アルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルで聴いてくださいね。
ファンクラブ募集
by
関連記事