クラウドファンディングプロジェクト公開間近!どんな手順ですすめたの?

こんにちは。

クラリネット奏者の吉田佐和子です!

クラウドファンディングってなに??

クラウドファンディングとは、資金調達のことです。

そして、このブログのタイトルにも書いているFAAVOとは、地域貢献や地元応援に特化したクラウドファンディング会社のことです。

FAAVO
https://faavo.jp/

FAAVOのサイトのトップには

『あなたの地元を、遠くにいながら応援出来るクラウドファンディング』

と書いてあり、その部分に大変共感を受けてFAAVOを利用することに決めました。

クラウドファンディングはまだまだ音楽家には知られてない

ただ、私が周りの人に

『クラウドファンディングやります!!』

と言っても、

『何それ???』

と言われる事が多々。

音楽関係の方や、地元福知山ではまだまだ浸透していない言葉だと感じました。

日本には色んなクラウドファンディングの会社があります。

こちらをご覧いただくと、いろんな会社があることが理解いただけるかと。。。

国内のクラウドファンディング比較しちゃいました-NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/m/odai/2136731096233440001

クラウドファンディングプロジェクトを立ち上げるまでの経緯

全然馴染みがない方もいると思うので、これまでの経緯をまとめてみます

①FAAVOを利用して、コンサートを成功させたい!とアツく決意する。

②サイトから申し込み。
FAAVOのサイトで必要事項を記入します。

応募の際に必要な文字量はそんなに多くありません。

③都道府県の担当者の方から連絡がきます。
クラウドファンディングを利用したいプロジェクトについての概要など諸々を記入するシートが届くので、必要事項を提出します。

これが結構大変です。

私は京都府や福知山市から補助金をいただいて文化公演をしたことがあるのですが、その時の感覚に近いものを感じましたね。

ちなみに、京都府のFAAVO事務局はNPO法人のクリエイター育成協会さん。

NPOクリエイター育成協会
http://cra.jp/infomation/crowdfunding_faavo_kyoto/

④事前に提出したシートを元に面接を行い、プロジェクト立ち上げについて具体的にお話
プロジェクト立ち上げの際に特にこだわったのは『プロジェクト達成の目標金額』でした。

フレッシュコンサートはざっくり換算して100万円の経費がかかります。

私がもともと考えていたプロジェクト金額は70万円でした。

しかし、京都ではそのような金額のプロジェクトをされた前例がないということで、30万円でのプロジェクトを提案されたのです。

でもこちらもいろいろな思いがあるわけです。

そこはいろいろと話し合って、結果的に50万円を目標にプロジェクトを行うことになりました。

(2016.4月追記)
プロジェクトが終わったから思いますが、リターン品の吟味についてはもっと様々な選択肢があって良かったかなと思います。

ほかのプロジェクトと差別化出来るようなものをもっと作るべきでしたね。。

④プロジェクトの発信の仕方を熟考。
さて、いよいよプロジェクトページ公開に向けて動きます。

基本的にはプロジェクトページの本文と必要な写真などを吟味します。

先日はお礼のところに掲載する写真を撮影しましたよ。

クラウドファンディングプロジェクト公開間近!!

そして今!!

まさに公開直前です!!

福知山市内では既にチケットの取り扱いが始まっていますが、FAAVOでのプロジェクト開始とともにネット上でもチケット販売告知を広く行っていきます!

福知山に興味を持っていただけるお礼の品も準備しておりますので、どうぞ公開を楽しみにしていてくださいね!

以上!

また次回ー!