clarinet

クラリネット奏者が暗譜で演奏出来るようにしておくべき6曲

クラリネット奏者が学ぶべきクラシックの曲ってたくさんありますよね?

この記事では、そのなかでも音楽院で習ってる先生が仰った暗譜で演奏出来るようにしておくべき6曲をご紹介します。

  1. モーツァルト/コンチェルト
  2. ドビュッシー/第一狂詩曲
  3. プーランク/ソナタ
  4. ブラームス/ソナタ1番
  5. ブラームス/ソナタ2番
  6. シューマン/幻想小曲集

どの曲もとても有名な曲なので、演奏したことはなくても聴いたことがある方も多いのではないでしょうか?

それでは順番にどんな曲かみていきましょう。

1.モーツァルト/コンチェルト

クラリネット奏者を心ざした人なら必ずやるであろう、モーツァルトのクラリネット協奏曲。

メロディーはとてもシンプルで美しいのですが、シンプルだからこそ難しい。

クラリネットとオーケストラのために書かれた作品で、全部で3楽章まであります。

楽譜はベーレンライター社がおすすめです。

2.ドビュッシー/第一狂詩曲

繊細な表現力と正確なテクニックが求められるドビュッシーの第一狂詩曲。

楽譜はデュラン社がおすすめです。

3.プーランク/ソナタ

プーランクが死ぬ前年に書き上げた3楽章形式のソナタ。

初演はなんと、レナード・バーンスタインの伴奏とジャズ・クラリネット奏者のベニー・グッドマンの独奏という最強コンビ。

動画は3楽章の演奏です。

版がいくつかあるので、音大に通っている人は図書館にある版と最新版を比べてみてください。いくつか音が変わっている部分もあります。

4.5.ブラームス/ソナタ1.2番

ブラームスがクラリネットとピアノのために作曲した2つのソナタはクラリネット奏者にとって欠かせないレパートリー。

クラリネットとピアノの魅力が思う存分楽しめる作品です。

6.シューマン/幻想小曲集

体力と持久力が必要とされるシューマンの幻想小曲集。

パトリック・メッシーナ氏にレッスンをしていただいた際に、こんなにも一音の中で表現を変えるのかと驚きました。

さいごに

全部で6曲紹介しましたが、これらの曲をしっかり暗譜出来ていれば、もし急にコンサートを頼まれたとしてもすぐに対応可能ですよね。

また、これらの曲はコンクールの課題曲にもなっていることが多いので、将来クラリネット奏者を目指すみなさんはなるべく早いタイミングで学ばれることをおすすめします。

ABOUT ME
吉田佐和子
吉田佐和子
パリ在住のクラリネット奏者。京都府福知山市出身。オリジナルアルバム収録曲はiTunes・Spotify・YouTubeでお聴きいただけます。ブログではクラリネットのことや日々の様子を綴っています。