【制作事例つき】スマホで簡単!コンサート&ライブチラシが簡単につくれるおすすめアプリ4選!

こんにちは。
クラリネット奏者の吉田佐和子(@sawaclarinet)です!

コンサートやライブを開催する事が決まり、お客さんに告知!となった時に必要になるのがチラシ。

プロに依頼したら当然良いものが出来るわけですが、ウェブで告知するだけでいい=チラシを印刷しなくていい場合もありますよね。

そんな時のために、簡単にチラシがつくれるアプリを紹介します!

1.フライヤー作成アプリ〜Flep

このアプリでつくったチラシはこちら。


このアプリの1番好きなところは、左上のタイトルのような可愛い手書き風フォントが使えること。

文字をセンタリングにしたり、右揃え、左揃えにしたりするのも簡単。

文字色や影もつけることが出来ます。


このアプリで作ることが出来るいろんなチラシを見れるので、デザインする際に参考にすることが出来ますよ。

結構感覚的につくれるので、こういう作業が苦手な方にもオススメです。

フライヤー作成アプリ〜Flep
http://app-liv.jp/680179697/ 

3.PicCollage

PicCollageはかわいい壁紙やスタンプもあり、とっても気軽に扱えるアプリです。

PicCollage 写真コラージュ
http://app-liv.jp/448639966/

このチラシは後に出てくるPagesも混ぜて作ったものですが、写真のレイアウトや背景のチェックはPicCollageのソフトで作りました。

4.Phoster

今回紹介している中で唯一有料ですが、お金を出す価値のあるアプリ!
今は200円くらいかな?

▼使い方はこちら
http://liginc.co.jp/web/tool/mac-iphone/63344

ちょっと変わったセンスあるデザインを求めてる方にはおすすめ!

文字だけのチラシにも良いですね。

5.Pages

PageはiPhoneに入ってるアプリなんですが、実はこれが結構使えるんです!

iPhoneからはちょっと小さくて操作しづらいかもしれませんので、iPadやMacで操作した方が良いかもしれません。

ちなみに、このチラシはMacでまずweb上で夏をイメージする写真を探してダウンロードしてから文字を入れていきました。

こういう感じで写真に存在感があると全体的なイメージの方向性やフォントの種類も決めやすいですね。

これは完璧に最初から最後までiPhoneで作りました。

作れないことはなかったけど、サイズ感とかの微調整に時間がかかりましたね。

番外編1:instaMagとの合わせ技

まずインスタマグでデザインを選び、写真を入れます。

InstaMag-マンガ コラージュ
http://app-liv.jp/615187629/

インスタマグは沢山あるデザインに写真を入れるだけでオシャレに。

次に、Beauty Plusのアプリを起動し、トップページから「らくがきモード」を選択し、左上の『InstaMag』の文字を白色で塗りつぶして保存します。

最後に、Piccollageのアプリを起動し、先ほどつくった画像に文字を配置します。

文字フォントの多彩さと美しさは個人的にはこのアプリが一番好きです。

出来たらスクリーンショットを撮って簡単保存。

『写真』のアプリを開き、いらないところは『編集』でカットします。

この技は結構使ってます。
いらない部分をカットする時にもおすすめです。

また、あくまでビジュアル的なものがほしい時は、こういう感じで画像だけでもいいかもしれませんね。

この画像は裏が白いのですが、ネットで無料のイラストや写真をダウンロード又はスクリーンショットして、写真を載せるだけならとっても簡単に出来ます。

番外編2:LINEカメラ

LINEのカメラアプリも使えます!

先にLINEカメラで結晶の縁取りをつけてから、先ほど紹介したFlepのアプリで加工してみました。


アプリを2つ作ってデザインするとより個性的なデザインになるので、おすすめです。

以上、おすすめのアプリでした!

気軽にチラシを作りたい方はぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいねー!

デザインの勉強を少しでもしたいな〜と思う人はこちらの本がオススメです!

チラシ制作に関わる人なら一度読んでほしい本です。