clarinet

下管のキィがカタカタ鳴る時はどうしたらいいの?

先日、楽器の下管のキィがこんな感じでカタカタ鳴っていました…

ここまで鳴ってるとなかなか自分では直せないので、楽器店さんへ持っていくことにしました。

事前に予約の電話をして行ったのですが、その場でパパッと直してくださいました。

この状態はすぐに直せるので安心してください!

キィがカタカタ鳴る原因は何?

今回キィがカタカタ鳴っている原因は、接続部分の中に入っているブラダー(薄いフィルム)が何度も擦れている間に破けてしまい、金属同士が当たってカタカタ音がしているそうです。

見えない部分なのでどうなってるのか少し分かりにくいですし、心配になりますよね。

キィのノイズはどうしたら直るの?

この状態を直すためには、楽器店へ行って、ブラダー(薄いフィルム)を交換してもらいましょう。

それが一番早くて確実です!

どうしても楽器店へ行けない時の対処法は?

ちなみに、どうしても楽器店に行けないときは、このキィの部分に外側からぐっとグリスを入れるしかないそうです(汗)

ただし、これはあくまで応急処置です。

なるべく早めに楽器店へ持って行ってみてもらうようにしてくださいね。

また、普段から大きなコンサートの前などには楽器を調整に出すようにする習慣をつけるようにしておきましょう。

ABOUT ME
吉田佐和子
吉田佐和子
パリ在住のクラリネット奏者。京都府福知山市出身。オリジナルアルバム収録曲はiTunes・Spotify・YouTubeでお聴きいただけます。ブログではクラリネットのことや日々の様子を綴っています。