クラウドファンディングに挑戦したい音楽家はキャンプファイヤーを利用しよう!

こんばんは。

夢は地元・福知山に死ぬまでに音楽ホールを建てること。

クラリネット奏者の吉田佐和子です!

音楽界でもようやくクラウドファンディング熱が過熱中

予想はしていましたが、さいきん音楽家でクラウドファンディングに挑戦する人が増えてますね。

私がクラウドファンディングに挑戦したのは2015年の秋ですが、もうクラウドファンディングに挑戦する事やそれを支援する事が珍しいことではなくなりそう。

こちらの記事でもそのことについて触れてます。

クラウドファンディングが創る新しい音楽家との関係
http://sawakoyoshida.com/archives/4041

私も地元でのコンサートを成功させる為に取り組んでました。

福知山と日本全国のみんなを繋ぎたい!福知山の魅力を感じるコンサートを開催
https://faavo.jp/kyoto/project/746

ただ、世の中の流れが伝わるのはちょっと遅いのが音楽界の特徴。

おそらく、これからクラウドファンディングをやりたい!という方はまだまだ沢山いるはずです。

今日は、そんな皆さんに是非オススメしたいクラウドファンディングサービスがあります。

それは、キャンプファイヤー!

そうそう、みんなでまきをくべて、火をつけて周りを踊りながら回る・・・

あれではなく、日本最大のクラウドファンディング会社の名前です。

キャンプファイヤー
https://camp-fire.jp/new

img_1092.jpg

キャンプファイヤーをオススメする1番のポイント

キャンプファイヤーには、他のクラウドファンディング会社にはない特徴があります。

それは圧倒的な手数料の低さ!

なんと、手数料が5%なんです。

他のクラウドファンディング会社(makuakeやREADYFORなど)を利用した場合、17〜20%の手数料がかかります。

クラウドファンディング会社大手であるキャンプファイヤーがこういう動きに出たことで、ユーザーの支持を集めるのは間違いありません。

たとえば50万円が集まったとしても、手数料が20%の場合、10万円が引かれてしまいます。

でも、5%の場合=2万5000円です。

これは企画する立場としては非常に助かります!

また、支援した立場からみてもプロジェクトにより多くのお金が使われる方が嬉しいもの。

実は、この手数料が下がったのはついこの間のことなんです。
(2016.2.17よりスタート)

私は、実際クラウドファンディングを利用してみて、手数料の高さに疑問を感じていた事もあったので、これはすごく腑に落ちました。

これは近いうちに他の会社も手数料下げないとやってけないんじゃないかなぁ。。

お礼の設定方法

キャンプファイヤーは、従来よりも簡単にあらゆるクリエイターがプロジェクトにチャレンジするようになっています。

プロジェクトにチャレンジすることを決めたら、次はお礼を考えましょう。

お礼を設定する時は、支援者に喜んでもらえて且つ元手がかからないものに設定しましょう。

勿論、お礼の品を用意するのにお金はかかりますが、そこに沢山のお金をかけ過ぎることは支援者の皆さんも望んでいないはずです。

お礼の設定については、西野亮廣さんが挑戦されたプロジェクトの内容を見ていただくと色々参考になると思います。

【世界初】キングコング西野が、常識破りの手法で絵本『えんとつ町のプペル』を作る
https://wesym.com/ja/projects/nishino/

いろんなものに『価値』を見出すのは自分。

是非いろんなアイデアを考えてみてくださいね。

プロジェクトチャレンジ中に気をつけたい3つのポイント

クラウドファンディングを成功させるために、企画者は次の3つのポイントを大事にしましょう。

1.SNSでの発信

個人のFBやFBページとTwitterで毎日発信する。
支援した人は、経過がどうなってるか気になってプロジェクトページを覗きます。
その人の気持ちに応えるという意味でも、是非毎日更新して欲しいですね。

2.直接人に頼む

なんだかんだ言ってもアナログが強い!
協力してくれそうな方々に連絡してみましょう。

3.沢山の人に情報拡散をお願いする

まずは沢山の人にプロジェクトを知ってもらいましょう。
支援していただく方を増やすには、まずは知られる必要があります。拡散拡散!

クラウドファンディングをする時はここに注意

クラウドファンディングの会社は現在多数あります。
ただ、新しい会社が出来ては消えを繰り返している事実もあり、個人的にはプロジェクト数が少なかったり、出来て間もないところは利用するのをやめておいた方が良いと思います。

そのため、クラウドファンディング会社として大手であること、手数料が低いこと、集まったお金の受け取り方の多様性という面から、改めてキャンプファイヤーをオススメします。

音楽家の方でクラウドファンディングを検討されている方は、是非一度サイトを覗いてみてくださいね。

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
https://camp-fire.jp/new

音楽関連のプロジェクトはこちら
https://local.camp-fire.jp/category/music