自分にとって1番必要な時間がとれていない音楽家に『エッセンシャル思考』がおすすめ!

こんにちは、吉田佐和子です。

当たり前のことですが、時間の使い方で人生は変わりますよね。

たとえば、極端な話ですがクラリネット奏者になりたいのに、フルートを練習してても意味ないじゃないですか。

それは誰にでも分かるはず。

でも、それ位のレベルで『不必要なこと』やってませんか?

これがなかなか自分では判断出来なかったりするんですよね。


スポンサーリンク

不必要な時間を思い切って削ぎ落とす

自分の時間の使い方について改めて考えさせられた本との出会いがありました。

この本を読めば、自分が本当に今向かい合うべきものと向き合えているのか?

そのことを深く考えることが出来ます。

この本のタイトルでもある『エッセンシャル思考』とは、やり方を変える為の思考。

『やらなくては』
『どれも大事』
『全部できる』

という3つの思い込みを捨てて、3つの真実に置き換えることが必要だと書かれています。

①『やらなくては』ではなく『やると決める』

②『どれも大事』ではなく『大事なものはめったにない』

③『全部できる』ではなく『何でもできるが、全部はやらない』

私はこの本を読んで、早速やらないことを決め、いま最も重要なことに取り組める時間を生み出せるように予定を組むようにしました。

今回のブログでは、特に心に留まった【習慣化】と【必要ないものを削ぎ落とすこと】についてご紹介します。

本質的な行動を無意識化する

一流のスポーツ選手は、朝起きてから夜寝るまでの流れを習慣づけて、毎日同じことを繰り返すと何かで読んだことがあります。

この本にも、同じことが書いてあります。

“あらゆる瞬間のあらゆる細部をリアルに思い浮かべることで、実現したい未来が近づいてくる。

描いたビジョンに辿り着くまでの道をそのまま進むだけ。

日常動作だけでなく、寝る前や起きたときに何を考えるかということも習慣化し、まるで『ビデオを見ているように』して自分が目指すものの映像をイメージする。”

こういうスポーツ選手が取り入れているメンタルトレーニング的な要素は、もっと音楽家も取り入れていくべきだなぁと最近改めて思います。

自分の憧れる人や憧れる光景の動画を朝起きたらすぐに見るとか、毎日の習慣に取り入れてしまうと良いですね。

習慣化するまでは、継続するのが億劫になったり、面倒に感じることもあると思いますが、その時期を超えるまでやることが大事。

そこを超えれば、あとは勝手に続けられるんですよね。

音楽家の場合

『毎日練習しなきゃいけないんですよね?大変ですね!』

と一般の方に言われることがありますが、練習は習慣化されていることですから、きっとみんな大変だとは思ってないはずです。

そんな風に当たり前に習慣化されたことを増やしましょう。

ちなみに、私にとってはこのブログを書くすることも習慣化されたものなので、練習をすることと同じで更新することに対して何も思ってないです。

今、何が重要か考えて不必要なものを削ぎ落とす

1日の予定を全て書きだしてみたときに、あなたが大切にしたい予定や、目標を達成させるための予定があるか確認してみましょう。

私が大切にしたい時間はこんな時間です。

・練習時間

最近分かったんですが、練習時間をきちんと作らないと、他の事をやっていても何かイライラしちゃうんですよね(^^;

・勉強時間

知識を得ることだけでなく、人と会ってかいわすること、その中で様々な気付きを得ることも勉強だと思っています。

・振り返り時間

休息と言っても良いでしょう。
たまにはボケーッとする時間を作ることでアイデアが浮かんできたりするものです。
逆に思い詰められたときに良い音楽が生まれるときもありますが(^^;

1日の最初と終わりは自分でコントロール出来るもの。1日の終わりにその日を振り返って明日のプランを立てます。
この時に1日の出来事のうち、良かったことや嬉しかったことも振り返るといいですね。

・食事と睡眠

自分のパフォーマンスを上げるために、大事にしたいのが食事と睡眠の時間。体に良い食べ物と、質の良い睡眠は欠かせません。

ここに『仕事の時間』が入らないのは、音楽の仕事が私にとって大切で大好きなものであることはあまりにも当たり前のことだから。

はぁちゅうさんのこんな記事を見つけて妙に納得してしまったんですが、音楽家って多分みんな変態なんですよ。

はあちゅう
変態だけが好きなことを仕事にできる<生き方を仕事にする方法>

http://www.gentosha.jp/articles/-/5127

(幻冬舎plusは無料で簡単に会員登録出来るのでぜひ読んでみてください)

どこからが趣味だとか、仕事だとか関係ないのです。

絶対にイエスだと言いきれないなら、それはすなわちノーである。

この一言を心において、自分が今取り組んでいる仕事を振り返ってみると、どれも『絶対にイエス』と言い切れるものばかりだと感じました。

絶対に面白いと思っていることや、絶対にやりたいと思っている仕事しかしてないから。

そういうことをもっと増やしていきたいですね。

まとめ

この本も音楽に生かせる部分は多いんですよね。

下記の部分も大変納得出来るところです。

“『負けることと、打ち負かされることは違う』。『負ける』というのは、自分に負けること。
『負かされる』のは、相手が強いからだ。”

“最高の力を発揮するためには、『今、この瞬間』だけを意識しなくてはならない。”

コンクールに出たとき。
コンサートに出たとき。

自分に負けたことって多いよなぁ、と思う。

それが悔しくて、また練習するのだけど。

演奏していても『今、この瞬間』に集中出来ない時もありました。

この本は、読んでくれたあなたの人生において必要な時間、必要な習慣を見つけるヒントが沢山書いてあります。

ぜひ一度手にとってみてくださいね。

そして、よりよいパフォーマンスで、沢山の人の心をハッピーにしてあげてください!

以上!

ではまた次回ー!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

SNSでの発信が苦しくなった人におすすめの1冊

圧倒的に音楽が好きになる!現役音楽家がおすすめするマンガ6選...

伝えたいものが伝えたい人に届くよう、どこまでも丁寧に、優しく...

フリーランスにオススメ!自分を客観視しやりたいことを明確に捉...

【感想】本島彩帆里さんの『やせるほめぐせ』で努力しないで痩せ...

あなたも必ず成長できる!『目標設定4点セット』を実践しよう!