先生は教えてくれない!?音大に入学したらみんながフリーランス!

こんにちは!

夢は死ぬまでに地元・福知山に音楽ホールを創ること。

クラリネット奏者の吉田佐和子です。

IMG_2243

4月から音大に入学した皆さん、おめでとうございます!

もうみなさんはプロとして活動していくぞ!という決意や意識をお持ちでしょうか。

私は、音大に入学したらみんなフリーランスなんだなぁ。と思うのです。

それは、演奏家になるためのライセンスはないから。

もしも、まだプロ意識が持てないなぁという方は、是非いまから『意識』するようにしましょう。


スポンサーリンク

なぜプロ意識を持つようにおすすめするのか?

サッカー選手に自分を例えてみると分かりやすいかもしれません。

若くしてJリーグや日本代表のメンバーになっている選手は、ユースなどの選抜チームに入った時点でプロとして活躍することを意識するのでしょうか?

きっと違いますよね。

もっと前からプロとしての自分の活躍を頭で描いており、意識しています。

そして、すでに活躍している選手のことを研究し、自分にはないものを徹底的に磨き、自分の持ち味となる部分を鍛えます。

それを身につけることで、もっと満足するプレーが出来る=プロとして活躍出来る可能性も高まるのです。

意識を変えよう!

音大生に入った時点で、皆さんの実力は様々でしょう。

それが普通です。

自分の未熟な部分も沢山見えることでしょう。

でも、

私なんて、まだ未熟だし…

と思うのではなく、

未熟と思うからこそ、挑戦して欲しい。

そう思います。

1人で練習しているだけでは上手くならない

サッカーは1人で練習をして力を伸ばすこともできますが、やはり実戦で様々なことを学び、自分の癖や弱点を知り、更に強くなっていくのです。

さぁ、今から意識を変えましょう。

そして、実戦を積みましょう。

実戦=演奏機会は、ただ待って得るのではなく、自分で機会を作ってみるのもオススメです♪

以上!

また次回ー!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!