あなたの理想の生き方は?上質な時間と自由を愛する人生を送りたい!

こんばんは。

夢は地元・福知山に音楽ホールを創ること!

クラリネット奏者の吉田佐和子です。

IMG_2081

今日は私が今感じている人生観のお話。

最近、SNSでこんなことをつぶやいてました。

こう思ったのは、この数ヶ月でいろんな出来事が起こったからです。


スポンサーリンク

潜在意識で自己否定をしていた日々

私は自分のことを長年否定していました。

人間の意識には顕在意識と潜在意識があり、それぞれが自分の思考や行動と結びついています。

顕在意識とは、意識出来る意識こと。
潜在意識とは、意識出来ない意識のこと。

私は顕在意識の上では自分を否定することを殆どしませんでした。

しかし、潜在意識でずっと自分を否定していたのです。

顕在意識と潜在意識はその割合が全然違います。

顕在意識が6〜10%であるのに対し、潜在意識は残りの90%を占めるのです。

影響力が強いのはもちろん潜在意識。

自分を否定することで望む未来が手に入るなら、バンバン否定したらいいと思うんですが、そうではないばかりか、むしろ逆効果だとやっっと気付き、つい先月それをやめました。

自己否定と向き合った1月末

1月中旬、私がずっとやりたかったメンバーでのライブがありました。

終わったあと、こんなブログを書いています。

此の五人だからこそ紡げた音楽。

先日吉田佐和子Quintetのライブが終了しました。 沢山の方々にお越しいただき、おかげさまで満席となりました。 吉田佐和子Quin...

しかし、このあと私は暫くスランプに陥ります。

自分を全く肯定出来なかったんです。

ずっとやりたかったメンバーと、やりたかった音楽をやったのに、それでも満足できない自分がいました。

何故なら、ずっと『自分はこんなんじゃいけない』『こんな私は音楽をやってちゃいけない』と思う声が頭から離れなかったのです。

ずっと目標にしてきた夢のライブをしたのに達成感を得るどころか、自己否定しか感じないという現状。

そこで私はどうしていいか分からなくなりました。

でも、こういう時に思考を止めて行動を止めるのが良い結果を生み出さないのは経験上分かっています。

ブログ更新をやめたりすることなく、プラス思考を止めることもなく、毎日を過ごしていました。

でも、その時に決めた別の企画は1ヶ月後ことごとく頓挫しました。

いま思えば、何か無理をしていたところがあったんでしょうね。

頼りになる先輩からの言葉

そんな私を救ってくれたのは、尊敬する先輩からの言葉でした。

人には色んなリトマス紙がある。
それを何処におくかで、全然見方が変わってくる。

その頃の私は自分が設定していたリトマス紙にによって苦しんでいたのです。

頑張っても反応しないリトマス紙を変色させようと必死でした。

なかなか色は変わりませんでした。

目の前にあるものから目を背けたくなかったけれど、
それに呼応して、自分の心も晴れない日々。

でも、なんだかんだで限界だったようです。

先輩からのアドバイスに、私は初めて泣けました。

まとめ

自分の思いを発信することをどこかで恐がってしまう自分もまだ少しいるのですが、そんな自分のことも認めながら、不器用でも自由を求めて生きていきたい。

上質で自由な時間を愛しながら、も自由に飛び回る鳥のように生きていきたい。

自分らしく、自分がやりたいことを思いっきりやって生きていきたいです。

そして、その思いを具体化するためにやりたいことが沢山あります。

それは音楽だけではなく、自分が自由であるということを実感出来るあらゆるものに派生しそう。

ただ、いつだって私の思考や行動の底辺には音楽があり、音楽こそ何よりも自由で尊いものだと思うんですよね。

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

25歳で結婚した私が思う『いい夫婦』とは

フランスに行ったら仕事がなくなって大変だねって言った人に言い...

自分のことが嫌いな人は自分が2人いると考えるとスッキリする

表現する世界で苦しくなったあなたへ

創り続ける人はいつも孤独である

姉妹でairの木村直人さんに髪切ってもらいました!