【音楽家は必読】イケてないクラウドファンディングのプロジェクトページを改善する4つのポイント

こんにちは。

夢は地元・福知山に音楽ホールを創ること。

クラリネット奏者の吉田佐和子です!

最近イケてないプロジェクトを沢山目にします

音楽家の方でクラウドファンディングに挑戦する人が多くなってきました。

しかし、プロジェクトを見てみると、せっかくチャレンジしているのにイケてない部分が多々あるのです。

チャレンジした人にしか得られない達成感とか恐怖心とかはすっごくプライスレスなので、このままではもったいない…!!

と思い、自分の体験を踏まえてポイントだと思っていることをまとめてみました。

1.トップ画像にこだわる

ページを開いてまず目に飛び込んでくるトップ画像。

これはあなたのページの印象を決めるとても重要なものです。

意気込みや、プロジェクトの内容が伝わるものを選びましょう。

プロジェクト本文をいくらしっかり書いていたとしても、最初のプロジェクト画像の印象が良くないと読む気が半減します。

ちなみに、写真にお金をかけるのをためらわないでください。

お金をかけて自分の良さが伝わるいいものをとってもらえば、必ず伝わるものも変わります。

というかそのためらった金額よりも大きい額を支援してもらいたいわけですから、そこはまず自分で投資しましょう。

2.プロジェクト本文の書き方にこだわる

音楽家の人って思いを言葉にするのが苦手な人もいます。

多分、さらさらと当たり障りのない綺麗な文章を書いたりするのは得意かもしれません。

クラシックの人に一番馴染みのある『自分で作る文章』ってパンフレットの文章かもしれませんが、あんな内容の伝わりにくくてまわりくどいものはありません。

ベートーヴェンの第9とか、これくらい書くと内容もちょー楽しく伝わるわけです。

ベートーヴェン『第九』【連載】田中泰延のエンタメ新党
http://www.machikado-creative.jp/planning/21673/

人の心を動かすのは、言葉の熱量です。

人の心が動かない限り、お金は動きません。

まず言葉に工夫をしましょう。

一度書いた文章を自分で声に出して読んでみると、読みやすい句読点や改行の位置がわかるでしょう。

ちなみに私が以前実施したクラウドファンディングのプロジェクトページは『読みにくいページ』として最適です。

福知山と日本全国のみんなを繋ぎたい!福知山の魅力を感じるコンサートを開催
https://faavo.jp/kyoto/project/746

公開する際は何度も文章を考え直し、PCとスマホの双方で見て目線の動きがスムーズかどうか確かめたのですが。。。

プロジェクト終了後のFFAVO全体のリニューアルによってそれまでのレイアウトが崩されてしいました。。笑

上記のように、目線の動きが止まる文章は良くないです。

自分が目で追って読みにくい部分は必ず改善しましょう。

3.プロジェクトを立ち上げたらすぐにSNSで拡散する

プロジェクトを立ち上げたら、すぐにFacebookやTwitterで拡散しましょう。

その時も文章に気をつけて拡散します。

Facebookはともかくとして、Twitterのアカウントが意味不明な人は下の記事を見て改善しましょう。

音楽家のTwitterのプロフィール文って何書いたらいいの?

Twitterのフォロワーが増えない音楽家の4つの特徴

ちなみに、SNSでの拡散は基本的に毎日やりましょう。

何故なら、支援した方はそのプロジェクトが成功するかどうかずっと気になっているからです。

プロジェクト主催者が1日1回呟いてくれるだけで、支援した方からすると嬉しいんです。

もっと応援したくなりますし。

この気持ちがわからない!毎日呟いたら他の人に何を思われるか気になるから無理!っていう人は一度他の人のプロジェクトを支援してみてください。

応援する側の気持ちがよく分かります。

SNSでの拡散の際に気をつけたいこと

SNSでの拡散はとっても重要ですし、必要なのですが、やり方がが下手だと効果も半減します。

・毎日同じことをコメントしない
URL以外+文章を書くわけですが、そこの文章は毎日変えましょう。

いつも同じ文章だと飽きてしまいます。

・感謝の気持ちを素直に伝える
『ありがとうございます!』とか『嬉しいです!』などの感謝の気持ちを入れると良いですね。

・更新情報は拡散する
追加リターンを増やした時や、追加情報がある時はすぐに拡散するようにしましょう。

4.リターン品は西野亮廣さんのクラウドファンディングプロジェクトを参考にする

私が注目しているキングコングの西野亮廣さんの発想や着眼点はいつも新鮮です。

西野さんのクラウドファンディングページは、必ず一度は見て欲しいですね。

僕らの町を作ろう!
https://local.camp-fire.jp/projects/view/4854

どんなリターンがあるのか、よーく見てみてください。

あなたの考えているリターン品は本当に魅力的ですか?

そして種類は多いですか?

リターン品が増えると手間がかかると思う方もいるかもしれませんが、手間がかかるものばかり用意するから大変なんです。

うまくバランスをとって、発想作業は人手を増やして取り組むなどしましょう。

ここまでがイケてるクラウドファンディングのページを作るのに最低限必要なことです。

あとは、プロジェクトを公開したら下記の3つのことに取り組みましょう。

1.メールやメッセージで直接支援をお願いする

とはいえSNSの拡散だけでは不十分な場合は多々あります。

直接メールやメッセージで支援をお願いするのも大切です。

ただ、クラウドファンディング会社でアカウントをつくることに対して抵抗がある方や、インターネットは苦手というご年配の方は『直接あなたの銀行に振り込むよ』という方もいらっしゃるかもしれません。それも勿論アリです。

ぶっちゃけユーザー登録はFBやTwitterのアカウントを使ってできるので、かなり簡単になってます。
でも、まだまだ抵抗がある人はいます。

毎回丁寧に応対するのもありですが、馴染みのある銀行振込みで支援していただく方がいいと判断した場合は、そちらをオススメしましょう。

2.支援してくれそうな方のリストを作る

プロジェクトのことを伝えたら賛同してくれそうな人はリストを作ってまとめましょう。

これをやることで誰に伝えて、誰に伝えてないのかがすぐに分かります。

『あと誰にお願いしなきゃいけないんだっけ…?』と思うことがなくなりますよ。

3.成功する!!!と想像しながら行動する

クラウドファンディングのプロジェクトをやってる時ってすごく不安になることがあります。

それは、成功するかしないかわからない時です。

でも、応援してくれた人たちの顔を思い浮かべてなんとか乗り切ってください。

達成したら、本当に文字通り『見える景色が違います。』

沢山の方の応援のもとに自分の活動が成り立っているということに改めて気付くし、応援してくださった皆さんにまた良いものを届けようと思うことが出来るんです。

人間、思ってることしか実行することは出来ません。

どうせだったら『よりよい未来』を思い描いてみてくださいね。

みなさんの皆さんのクラウドファンディングプロジェクトが成功することを祈っていますー!!!

ちなみにクラウドファンディングに挑戦するなら迷わずキャンプファイヤーをお勧めします!

クラウドファンディングに挑戦したい音楽家はキャンプファイヤーを利用しよう!

以上!

また次回ー!