音楽を届けたい人に届けるために3つのことを意識しよう!

こんにちは。

夢は地元・福知山に音楽ホールを創ること!

クラリネット奏者の吉田佐和子(@sawaclarinet)です。

演奏家なら誰しも、音楽と向き合う時間や、音楽を生み出す時間を大事にしたいし、それだけに集中したい!と思うわけですが、それだけじゃどうにもならない世の中になってきたと思う今日この頃。

自分の音楽を伝えたい人に伝えるために、私は3つのことを大切にしています。

IMG_0010-2

大切にしたい3つのこと

自分の音楽を伝えたい人に伝えるために、下記の3つのことをセットで考えるのが大事だと思っています。

①届けたい音楽を創ること

②サービスを伝えるツール(テレビ・ラジオ・雑誌・HP・SNSなど)を使った情報発信と拡散
+
③販促スケジュール

音大を出たての頃は、頑張って①の演奏の部分だけを磨けば、自分に沢山仕事がくるんじゃないか!?と幻想を抱いていました。

しかし、それだけではいけない!と②の自分の音楽を伝える為のツールの重要性に気づいても、それをどれくらいのペースでやっていくのか?

ある程度まとまった期間での計画は立てませんでした。

でも、今はそれらがどれも欠けていてはいけないと思っています。

目標があるから行動する

何にでも言えることですが、目標を決めないで何かが達成できるはずないんです。

目標を決めたら、どうしてそれを達成するか計画しますよね。

その計画があるから、自分の行動が変わっていくわけです。

しかし、以前の私はどんなスケジュールをたてて自分の伝えたい音楽を伝えたい人に伝えていくのか?

ということを全く考えていませんでした。

それに気付いてから周りを見渡してみると、自分が何とな〜くつくったペースで進めている人が多いなぁ。と感じます。

自分のペースを大切に??

よく『自分のペースで』って言葉を聞くけれど、やっぱり目標にしたいペースってありますよね。

でも、自分が発信する内容やスピード感を参考にする人を探す時は、よ〜く吟味した方が良いかもしれません。

私が目標にしている皆さんはこの方々です。

自分のペースって、音楽家の人だと『周りの音楽家』を参考にしてる人も多いと思うんですが、音楽家で上記3つのスピード感が早い人ってそんなに多くありません。

そして、私たちが届けたいのは同業者の方々ではなく、一般の方々なわけです。

自分がしたいと思っていることを既にしている音楽家や、一般の業界でスピーディーに動く人を見つけると良いでしょう。

私は先日こちらのイベントに参加して、まだまだ自分のスピード感は甘いと感じました。

自分の目指すところへ向かって、これからも邁進していきます。

以上!

また、次回ー!