音楽で福知山(まち)をつなぐ!第13回フレッシュコンサート終了!

こんにちは。
クラリネット奏者の吉田佐和子(@sawaclarinet)です!

音楽で福知山(まち)をつなぐ!第13回フレッシュコンサートが先月の18日に無事に終了しました。

IMG_3407

ご来場くださった皆さん、スタッフをしてくれた皆さん、コンサート開催にあたり支えてくださった全ての方々に御礼申し上げます。

IMG_3412 IMG_3413 IMG_3414 IMG_3419 IMG_3420 IMG_3408

2010年から『ふるさと福知山に音楽が気軽に聴ける場を少しでも増やしたい』という思いで厚生会館の2階にある小会議室で始めたこのコンサート。

気付けば、福知山市内の方々だけではなく、東京・神奈川・埼玉・岐阜・三重・和歌山・京都・大阪・兵庫・鳥取と様々な都市からお客様が来てくださるようになりました。

自分が1番聴いて欲しい音楽と、福知山の魅力を楽しく知ることが出来る落語、美しい福知山音頭、そして福知山を題材につくられた4楽章構成からなる吹奏楽曲、交響詩『福知山』の演奏。

ロビーでは私の大好きなお店に出店してもらい、スイーツとカフェも楽しんでいただきました。

IMG_3418 IMG_3416

また、スタッフは学生〜社会人まで若い子がたくさん集まってくれました。

三重や岐阜からコンサートを聴きに聴きにきてくれた上にスタッフをしてくれた子も。

IMG_3417 IMG_3415

今回のコンサートは、皆が知っている曲は1曲も演奏しませんでした。でも、コンサートが終わった翌日に広小路商店街で撮影をしていたら、80代くらいのおばあちゃんがこんな言葉をかけてくれました。

『私、ずっとあなたの演奏聴かせてもらっとるんやけどね、昨日は本当に良かった。もっと皆来ちゃったらいいのにって』

この言葉を聞けて、私は凄く嬉しかった。知らない音楽でも人の心を打つものが必ずあると信じて、伝えたかったものは、ちゃんと伝わってたんだと、そう思えた瞬間でした。

このコンサートを経て、まだまだ福知山には愛すべき部分が沢山あるのだと再確認することが出来ると思います。

これからも自分に出来ること、そして自分にしか出来ないことで福知山のまちの魅力を伝えていきます。

応援してくださった全ての皆様。

本当に、ありがとうございました。

————————————
・プログラム
————————————

1部
藤の花咲く頃に / 吉田佐和子
熊猫☆サンシャイン / 多久潤一朗
月ヲ見テ君ヲ想フ / 挟間美帆
水無月 / 伊藤志宏 (ピアノソロ)
heart voice / 吉田佐和子 arr.挟間美帆
あの日の帰り道 / 吉田佐和子

2部
落語『ふくちよいとこ』
・落語:桂三扇
・落語協力:福知山踊振興会

3部
交響詩『福知山』/ 作曲:福田洋介
1.神々の雲~大江
2.実りの歌~夜久野
3.祈りの里~三和
4.ふるさと福知山

アンコール
Answer / 吉田佐和子

————————————

・吉田佐和子Quintet
クラリネット:吉田佐和子
フルート:多久潤一朗
オーボエ:宮村和宏
ピアノ:伊藤志宏
パーカッション:石川智

————————————

総合プロデュース:吉田佐和子(Double Sunrise)
舞台監督:坂本大樹
音響:株式会社スクウェア
照明:舞台照明SSG
写真撮影:おの しの
映像撮影:葛和力也
舞台装飾:株式会社CALARS
ロビー出店:明智茶屋、アップルパイのシャルム、風の詩

————————————

また、コンサート終演後の懇親会では福知山が誇る名店『柳町』にて美味しい鴨鍋をいただき、白杉酒造の岸田さんにお酒をご紹介いただきながら皆さんに様々なお酒をお愉しみいただきました。
併せて御礼申し上げます。