コンクールという事を忘れてしまう演奏に出会いました。

コンクールってどんなイメージがありますか?

・ちゃんと演奏しなきゃいけない
・間違っちゃいけない
・お固いイメージ
・楽しくないんじゃないの?

などなど、色んな意見があると思うのですが、先日こんな動画に出会いました。

PTNA2016コンペ全国大会で、A1級・金賞を受賞された小学1年生の長谷川祐音くんの演奏です。

音色の創り方、表現、カデンツ感覚などなど。。。

す、すごい。。。

これは本当に小学1年生なのしょうか??

もう立派なピアニストのように心を掴まれるのですが。。。

長谷川くんから出てくる音楽は凄く自由で、コンクールという事を忘れてしまう演奏です。

そしてこんな演奏が沢山聴けるコンサートなら、楽しいのになぁと思った今日この頃。

いつも自由に音楽を表現出来る自分でいたいなと。

The following two tabs change content below.
吉田佐和子
パリ在住の福知山を愛しすぎているクラリネット奏者。京都府福知山市の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』編集長。アルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルで聴いてくださいね。
ファンクラブ募集
by
関連記事