演奏会やライブで撮った写真はデータで渡す?それともプリントアウトする??

コンサートやライブで、出演者と一緒に写真を撮る。。。

また、写真撮影OKの場合は、演奏風景を写真に撮ったりすることもあるでしょう。

これはよくある話ですが、ではその写真をどのようにして貰ったら演奏者は嬉しいのでしょうか?

IMG_3461

スポンサーリンク

私が嬉しいのは。。。

個人的に一番嬉しいのは、TwitterやFaceBookなどのSNSにコメントと共に載せていただること。

また、ブログで書いていただけるのも嬉しいです。

Twitterではよくエゴサーチしているので、私の記事をRTしてくれてる方のツィートを定期的にチェックしていますし、やっぱり色んな感想を見てるとパワーを貰えるというか、素直に嬉しいんですよね。

書いてくださった記事を見た人が私の存在を知ってくれるし、『演奏聴いてみたいな』と思ってくれるかもしれない。

強力なメディアの力があればまた違うかもしれませんが、やはり強いのは口コミです。

現像して渡したい!という方へ

写真はもちろん普通のカメラで撮られる方もいらっしゃるかと思います。

現像した写真を貰って嬉しいかどうかは、当たり前ですが人によるし、場合にもよりますよね。

お客様ご自身で楽しまれる写真のサイズはどれだけ大きくてもいいと思うのですが、もし自分用に大きめにプリントしたから、演奏者にも同じものを。。

と思っておられるのでしたら、サイズを確認しましょう。

B5やA4サイズになると、管理がちょっと大変です。

それなら、データで貰った方があとで見返すのも楽だし、写真によっては『演奏している様子をより多くの人に伝えるための広報活動』に使えたりするかもしれない。

まとめ

先日、部屋を片付けしていたら、10人くらいで食事会をした時に撮った現像された写真が出てきて、写真を眺めながらしばらくその時のことを思い出していました。

やっぱり形あるものは良いものです。

もし好きな演奏者がいて、よく写真を渡しておられるとしたら、一度聞いてみられるのが良いかと思います。

『データと現像した写真、どっちがいい?』

って。

その演奏者さんが好みの方で楽しんでもらうのが一番良いはずですからね。

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

先生からダメ出しばかりされるし才能がないみたいなので楽器辞め...

音楽家が演奏告知文を書くときに気をつけるべき7つのポイント

京都で木管アンサンブル『はなり』オータムコンサートを堪能して...

友達が出来ないわたしに共感してくれる人を探してSDチャレンジ...

コンクールという事を忘れてしまう演奏に出会いました。

市の後援をもらってコンサートを開催しよう!必要なものって何な...