私が色んなことをやるのは肩書きの幅を増やしたいから

こんにちは。
クラリネット奏者の吉田佐和子(@sawaclarinet)です!

最近いろいろやってるね〜って言われることが前よりも多くなったのですが、確かに色々やっています。

私がいまやってることをざっと挙げてみるとこんな感じですかね。

・演奏活動
・作編曲
・音楽プロデュース
・イベントプロデュース
・講演
・Webデザイン

…など多岐に渡り仕事を行っています。

色んなことが好きで『好き』と向き合ってたらこうなっていた。。。

というのが正直なところです。

肩書きを決めることで、自分の活動が明確になるし、人からも覚えてもらいやすい。

という話を聞いたこともあって、肩書きを定めたいと思っていたこともあったのですが、今はあまり考えなくなりました。

Processed with VSCO with f2 preset

Processed with VSCO with f2 preset

肩書きが自分の活動を決める訳ではない

肩書きって大事だと思うけど、肩書きにしばられてちゃ意味がない。

そして肩書き以上にやってることの中身の方が大事。

私がクラリネット奏者という肩書きを持って様々な活動を行うことで、演奏家が様々なことに対応出来るって知ってもらえたらいいな。と思うようになりました。

それに、人は自分の見たい角度からその人を見るから、色んな情報を発信していたとしても、『自分がこう思って欲しい自分像』があったとしてもそれをそのまま見てくれるわけじゃないんですよね。

クラリネット奏者だけど、色んなことやってる人なんだなぁ、と思ってもらえらたらそれで良いなと。

自分の肩書きが自分の活動の幅を狭めるわけではなく、狭めていたのは自分自身だったんだな、と思います。

先にやってる人がいると後に続けるかもしれない

音楽活動していくなかで、演奏者としての能力が高いことはもちろん、今はあらゆる能力が求められています。

デザイン力や発信力、マーケティング力、プロデュース力、、

普段音楽家の方が何気なくしていることは色んな能力が掛け合わさっているのだと思うんです。

だから、私みたいな人も居ていいと思うし、私を見て別の誰かが『あんな人もいるんだな、自分も何かやってみるかな』と思ってくれたらいいなー、なんて思います。

先に誰かがやってたら、真似出来るし、そこから色々学べる。

そうやって学んだ人が、私のやってることなんてすぐ追い抜いちゃうのかもしれない。

だから私は今日も必死に前進するのみ。

粛々と頑張ります。

以上!

また次回ー!