音楽家がブログを書く時は必ず2つのことを意識しよう!

こんにちは。
クラリネット奏者の吉田佐和子(@sawaclarinet)です!

さいきんブログを書いている演奏家の方が、少しずつ増えてきたように感じています。

やっとか…!!

というのが個人的な感想ですが、まだまだ音楽業界の規模からするとブログを更新している人って少数派だと思う。
(特にクラシック界。ジャズとかロック界の人の方が結構頻繁に更新してますよね)

img_7005

タイトルを読んでも何が書いてあるか分からない人は『アイドル風』

私的には、ブログを書いている人でも『アイドル風』『そうじゃない人』に分かれていると思っていて、『アイドル風』と私が思っているのはタイトルを見ても何が書いてあるか分からない人のことを指します。(あくまで私の中の基準です)

アイドルって既にファンがいるじゃないですか。

だから、別にどんなタイトルつけててもいいし、どんな内容でも読んでくれるファンがいるんです。

ただ、ファンではない人の場合、何を書いているか分からないタイトルの記事は読みません。

自分が読むべき記事だって感じないから。

これはどちらが良いか?というと、その人がどんな演奏家を目指しているか、どんな情報を読者に与えようとしているのかにもよりますよね。

そこらへんは、自分なりの形を見つけていけばいいのだし、自分の形は、やり続ける過程の中でしか出来上がらないからです。

1.何を目的に書くのか?

ブログをしている人は、少なからず目的があると思います。

何の目的もない、ということはないと思うんですよね。

例えば、日々の活動の紹介をしたいとか、レッスンを受けに来て欲しい、コンサートを聴きに来て欲しい。。。

などの目的があって更新しているはずです。

ブログを更新して、その目的を達成出来るようにしたいですよね。

まず、目的=目標を決めましょう。

2.自分に必要なのは一体何なのか?

目的が決まったら、次は自分が今どの位置にいるのか確かめましょう。

この図を参考にしてみてください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-9-12-44
参考:Web Designing 2016年 10月号

もし、まだ自分の存在が認知されていないな〜と思ったら、まずは①に重点的に取り組んでみましょう。

多くの人にとって役に立つノウハウに関する情報や、面白く興味深い記事は不特定多数の人の需要があります。

また、既に存在が認知されている、されてきたと感じている人は、②の内容を記事にしてみましょう。

自分の提供しているものにどんな特徴があるのか、自分だからこそ出来る価値ある部分を書いてみるといいでしょう。

①と②が揃い、その人のレッスンを受けてみようかな、コンサートを聴きに行ってみようかな?と『③検討』に入った際に、それを利用した時にどんな変化があるのかを読み手が実感出来るような記事が書いてあると良いですね。

検討に入っている段階であなたに興味深々なわけです。

自分の普段の生活を垣間見れるような記事があったり、制作の裏側を見られるような記事も書いてみましょう。

自分のブログは自分でコントロール出来るメディア

ブログは自分で内容をコントロール出来るPR媒体です。

①〜③は順番にやってもいいですし、それぞれの情報を回遊出来るように記事数を増やしていくのもいいでしょう。

ただ、③の記事ばかり書いていてもダメだし、①の記事ばかり書いていても意味がありません。

自分が今どんな状況にいるのかということを把握して、戦略をたててブログを更新してみてください。

その方が、PV数が増える、ブログからの申し込みが増えるなどの結果が出るので、更新する気もアップしますよ。

ブログは、自分で自分の宣伝が出来る、あなた専門の広告塔です。

うまくコントロールしてみてくださいね。

目標を決めれば戦略が決まる

ブログを更新するなら、何よりもまずは目標を決めましょう。

自分のことを知ってもらいたい!でも良いですよね。

じゃあ、次は自分のことを知ってもらって、読み手の方にどんな行動を起こして欲しいのかを考えてみましょう。

それが『目標』です。

目標が決まったらあとはやるだけ!

しっかりと取り組んでみてくださいね。

よかったらこちらもぜひ

コンサートやライブの報告ブログを書く時は何が起こったか分かりやすく書いてくれ!

音楽家にオススメ!検索されて読まれるブログタイトルのつけ方

音楽家のブログに書いてあると良い5つのこと

以上!

ではまた次回ー!