もう音楽をやめたい!と思った時の対処法

こんにちは。
クラリネット奏者の吉田佐和子(@sawaclarinet)です!

中学1年生の時にクラリネットに出会って、もう17年になります。

よく『やめようと思ったことないの?』と聞かれるんですが、人間だから、そういう時もあります。

いつも上手くいくわけじゃない。

やめたくなることも嫌になることもある。

でも、ひたすら続けるだけ。

失敗したら、工夫して、やり続ける。

チャレンジの回数を増やすしかない。

自分の価値観ってどっち?

安定したお仕事をしてる人からしたら、音楽の仕事はとても不安定だし、好きなことばっかりやって。って言われることもある。

でも、正直その人の価値観で生き方なんて簡単に決まっちゃう。

安定したお給料もらった方が安心して生きられる人は音大出て就職した方がいい。

安定したお給料がなくても演奏活動をしたい人は、バイトと2足のわらじでもいいから続けた方がいい。

極端に言うとこの2択じゃないかな。

2足のわらじを続けてる人が一番気をつけなきゃいけないのは『続けられない環境を作らない』こと。

楽器を吹く時間はコンスタントにとれるようにしなきゃいけないけど、そこのバランスをとりながらひたすらやり続けるしかない。

バイトしながらずっと音楽活動してる人がずっと稼げないって話はよく聞くけど、それはその人の能力の問題もあるかもしれないけど、『人と会う』っていう『側面』を増やす作業をしてないんじゃないかな。

img_6029

お金が欲しい人は

お金=信用だから、人との関係を築き続けながら信用を広げていくことが凄く大事。

仮に人と会わなくても、引きこもってても自分の作品をちゃんと大勢の人に発信していくとか、自分の価値を認めてもらえる場所に自分の身をおかなきゃ、どれだけ自分の腕が上がっても、使ってもらえないんですよね。

音楽家としてやっていくには不安定な時期もあるけれど、それでも音楽と関わらない、楽器を吹かない人生よりは100倍ましだと思う。

私はね、そうなんです。

結局何でも一緒

今月、私は単純に更新する記事の量を増やしました。

9月は3万PVを目指す!っていう目標があって、今の自分の実力だと、毎日1記事書いてるだけじゃ達成しないって思ったから量を増やしたんです。

やってみると、アクセスが増えただけじゃなくて、読者の皆さんとのコミュニケーションも増えました。

目標に対して足りない!と感じることがあるならやってることの量を増やし、質を高めて、自分という名の木の枝を様々な方向へ伸ばしていくこと。

『演奏だけ』とか『お金を稼ぐことだけ』考えてるんじゃなくて、どっちもやってくべし。

以上!

ではまた次回ー!