【保存版】音楽家がSNSを使ってセルフブランディングを行いファンを獲得する方法

最近、若手音楽家を対象にした色んなサイト、サービスが出てきてますね。

『音楽家』『セルフブランディング』『SNS』という単語が入った記事を見ると、ウェブを使った情報発信に興味がある音楽家なら、ついついクリックしてしまうかもしれません。

でも、そういう記事はだいたい中身を読んでも参考になりません。

なぜなら、それを書いている人がSNSを使いこなしてないからです。

そして『音楽家はTwitterやFaceBookはやらなくてもいい』という人もいますが、その人もSNSを使いこなせてないからそう言うだけ。

SNSを通じて新しいお仕事をいただいたり、人との交流を生み出すことを何度も経験している人は、そんなこと言いません。

私はウェブを通じてお仕事をいただくことも多いので、やるメリットしか感じていません。

今日はSNSを使ったセルフブランディングを通して何か達成したい目標がある人へ向けてブログを書いてみます。

img_1961-2

スポンサーリンク

セルフブランディングって何?

そもそも、セルフブランディングとはどういう意味なんでしょうか?

ちなみに、Wikipediaにはこう書いてあります。

セルフブランディングとは、企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。

皆さんはシャネルって聞いたらどんな印象を持ちますか?

高級、デザインが美しい、洗練されたイメージ

などなど、「色んな情報」が頭に浮かぶと思います。

セルフブランディングとは、「自分で決めた色んな情報」を、自分で認識してもらうようにすることです。

自分で、自分の『ブランド』をつくるんです。

自分の名前を聞いた人に感じて欲しい事を明確にする

あなたはどんな人になりたいですか?

あなたの名前を聞いた時に『どんな人だ』と認識してもらいたいですか?

SNSを使ってブランディングをする場合、自分が目指しているものを明確にすることから始めましょう。

たとえば、私の場合だと。。

・クラリネット奏者だと知ってほしい
→クラリネットに関する記事を書く、演奏レポの記事を書く

・京都福知山出身で福知山が大好きだと知ってもらいたい
→福知山で演奏の機会をつくりお客さまに来ていただく、福知山の魅力を発信する

・プロデュースや作曲をしていることを知って欲しい
→HPに演奏動画を用意して、SNSやブログに買いて拡散し、HPへのリンクを分かりやすく貼る

・独自の着眼点を知ってもらいたい、行動力がある人でありたい
→自分が思っていること、やっていることをSNSで発信する

など、伝えたいことをちゃんと認識してもらえるような情報を発信していくんです。

最低限3つのインターネットツールを運用する

今は本当に色んなツールがありますが、最低限おさえておきたいツールは以下の通り。

・FaceBook
・Twitter
・HP

それぞれの使い方などは今回あえて書きませんが、FaceBookはお客さまに自分の存在を知ってもらうためにとても便利なツールです。

HPはいつ見ても自分に関する最低限の情報が手に入る場所。

TwitterやFBは情報が流れていってしまうので、HPとはまた性質が異なります。

必ず用意するようにしましょう。

また上記3つがある方にはLINE@もオススメです。

以下のブログで紹介しているLINEブログではなく、LINE@ね。

誰でも驚くほど簡単に登録可能!『LINEブログ』を始めよう!

LINE@は他のSNSと比べて親密性が高く、相談などもしやすいですし、直接お客さまとやりとりすることも出来ます。

他にも、もっとコアなところになるとファン向けのnoteも良いですね。

私はnoteを使って、自分のファンの人だけに向けて発信をしています。

ファンクラブコンテンツ『月刊よしだより』更新中!

これは月額390円ですが、仕事の裏側や自分がどんなことを考えて今行動しているのか?という部分を見ていただけるようになっています。

SNSは一気に全部やろうとしなくてもいい

ちなみに、SNSを活用しよう、と決めた時に、最初から全部やってみるよりも、自分が扱いやすいSNSで他のユーザーとの交流を楽しむと良いでしょう。

ブログでの発信が得意な人、FaceBookでの得意な人など色んな人がいます。

また、音楽家の場合は自分の練習などとのバランスがとれない、という人もいると思うので、最初は自分に合っているツールを使いながら発信することを習慣づけて、他のSNS媒体は核となる情報を拡散するためのツールとして使うのも良いかもしれません。

SNSを使った先のゴールを決める

これを読んでる音楽家の人は、SNSを使ってセルフブランディングをして、どうなりたいんでしょうか?

・コンサートに来てくれるお客さまを増やしたい
・ファンと交流する場が欲しい
・自分の活動を知って欲しい

など、これは自分の好きなことで良いんですが、ゴール=目標を決めるとそこへ向かって逆算も出来ますよね。

たとえば、1年後に自分のコンサートに来てくださる新しいお客さまを20名見つけたいとします。

単純計算で半年で10名のお客さまを獲得しなければなりません。

じゃあ、どれくらいの頻度でコンサートをすればいいのか?

自分にお客さまがいない場合、どんなアプローチをすればいいのか?どんな人と一緒にコンサートをすれば、新しいお客さまを増やせるのか?など様々なことを考えることが出来ます。

私の場合、特に具体的な数値目標は決めていませんが、常々個人の発信力を高めたいと思っているので、色んなツールを更新し続けています。

目標を決めずにやってるとマンネリ化して発信が続かない、という方はぜひ目標を決めてみましょう。

ただ発信してるだけじゃ意味がない

SNSの醍醐味は、やはりファンの方々との交流です。

FacebookやTwitterだと、いいね!をつけたり、シェアorRTしたり、リプライをすることが大事です。

例えば、全く知らない人でもFaceBookの投稿を見てコメント欄を見た際のやりとりで、その人の個性が伝わってきたりすることもあります。

ただ情報を垂れ流しているだけになっていると、文字だけが一人歩きしてしまい、見てくれているお客さまの心は全く動きません。

SNSは『交流=絡んでなんぼ』の世界。

SNSのアカウントは持ってるけど、何も交流がない人は、絡みづらい雰囲気を出している写真や文章はないかチェックしてみてください。

コンサートに来てくれるお客さまを増やしたい場合、お客さまたちがチェックしているツールに自分のアカウントがないと、交流も何も出来ません。

ターゲットを明確にする

セルフブランディングをした先に得たいものによって、発信内容は変わります。

そして、それこそが本当に大切なことです。

ただSNSを使っていても、お客さまが来てくれたり、CDが売れたりはしません。

自分がSNSを使って達成したい目標を決め、そのターゲットを具体的にあげて、ターゲットとなる人が欲しい情報を書いて発信しないと全く意味がないのです。

例えば、レッスンの生徒を増やしたいとします。

福知山でクラリネットのレッスンを検討している人がいたとして、その人がレッスンの先生を探す時って、とりあえずインターネットで検索しますよね。

『クラリネット レッスン 福知山』

みたいな感じで検索するわけです。

そこに音大受験対策もして欲しい場合は、

『クラリネット レッスン 福知山 音大受験』

という言葉で検索するかもしれません。

これで検索した時に、あなたの発信しているコンテンツがひっかかるかどうかが重要になってきます。

HPやSNSで何も発信していない人は、その情報にはひっかかりませんよね。

でも、そこでその人の欲しい情報が沢山あったら、凄く信頼されますし、レッスンの申し込みまで至る可能性が高くなるのです。

極端な話かもしれませんが、クラリネットのレッスンに来て欲しい!と思ってるのに、ひたすらフルートの情報を発信していても意味がありません。

ターゲットにした人が興味を持ってくれる内容を発信しましょう。

あなたはどこで何を買うかをどうやって決めていますか?

どんな情報がどれだけあれば購買や申し込みに至るのか?というのは個人によって違いますが、あなたは普段どういう時にお金を使っていますか?

同じ物を売っていても

『ここの場所で買いたい』
『このお店で買いたい』
『この人から買いたい』
『このサイトから買いたい』

ということがあると思います。

そして、そう認識するまでに、どこかで情報を仕入れたはずです。

その情報を、自分で発信するのがセルフブランディングです。

SNSのおかげで達成出来たこと

私は、2015年秋に自主コンサートを行うためにクラウドファンディングを行い、50万円の資金を集めることができました。

また、2015年11月末に発売した2ndアルバム『Letter』は1ヶ月で200枚を販売しました。

これらは、すべてSNSで情報を拡散したからこそ達成出来たことです。

やり始めてすぐに結果が出るわけではありません。

沢山考えて、試行錯誤して、失敗もしながら、自分なりの発信の仕方、言葉の紡ぎ方などが分かってきます。

しんどくなったり、やめたい時もあるかもしれません。

でも、インターネットがあったからこそ繋がったご縁や、聴いていただけた音楽があるのも事実です。

また、SNSでの発信は、楽器と一緒で、すぐに上手くなるものでもありません。

やり続けて出来上がったものが『軌跡』となってその人の『ブランド』のように見えてくるのです。

SNSやブログといったインターネットツールは、自分でコントロール出来る最強のメディア。

音楽家の人で、SNSを使ってやりたいことがあるけれど、イマイチ一歩踏み出せない!という方はぜひ少しずつチャレンジしてみてくださいね。

ではではまたー!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

あなたのファンを増やすために大切にしたい6つのこと

今の自分に自信がなくてもいい。未来を見せてくれ。

セルフプロデュースに関する記事を読みたい人のための目次

あなただけの『強い共感を生むコンテンツ』のつくり方

【保存版】音楽家のTwitterプロフィールでおさえるべき7...

音楽家がSNSで画像や動画をアップする時に気をつけたい2つの...