ぶれない基盤を作る!あなたの行動を支える信念は何ですか?

私は、今後の人生において儲けることを前提とした、商業的音楽を自分から創り出すことはない。と考えている。

それは、誰かが他の誰かがやっているし、他の誰かがやるべきことだからだ。

そして、生涯をかけて大好きな福知山に関わり、且つ自分の音楽を広めていきたい。

この2つの信念があるからこそ、自分の企画する演奏会や企画にはその思いを反映させた世界観があり、それを多くの人に伝え、共感して欲しいから発信をしている。

音楽を仕事にしたい!と、思う人は多い。

そして、仕事に繋げるために発信をしたいという人もいるだろう。

しかし、過去の私がそうだったように、

「ただ音楽を仕事にしたい→だから発信する」

という安易な心構えでは、発信が続かない=挫折するのは目に見えている。

その程度のモチベーションだから、続かないのだ。

img_1709

私はプロデュースの仕事もするから、魅せ方に関しては色々アドバイス出来るし、どんな印象を与えることも可能だ。

ただ、根幹部分の生き方が決まっていない人の魅せ方を決めるのは、とても危険なのだ。

例えば、『かっこいい女性に見えるブランディング』を求めていたとしても、その人の顔が可愛い系で、しかも天然ボケな可愛らしい要素もあるとしたら、その人がもともと持ってる個性=強みとは真逆だし、どこかで絶対に無理が出てくる。

まず、自分が持っているものを客観的に把握し、受け入れ、それを生かすのが大事で、この場合だと、常にカッコよくみせるのではなく、時々かっこよくみせた方がいつもの可愛らしさと対比が生まれるし、圧倒的に効果的なのだ。

私は過去に、音楽家の派遣事業に取り組み、それで資本金を作り、自分の好きな音楽をやろうと思ったことがあった。

でもそんなあまりにも薄っぺらい思いは、派遣事業を行うことで若い音楽家に雇用を生み出し、日本の音楽界のレベルを底上げする!!とアツく語る社長の前では歯が立たない。

思いの熱量が違うと、行動の量が違う。

行動の量が違うと、結果が違う。

あまり結果が出ない=儲けが少ないのだ。

情熱がない事をやっても効率的ではないし、私は暫くその事業にチャレンジしたものの、途中でアイデアもモチベーションも尽きてしまった。

レッスンの生徒さんを増やしたい時もあったし、プロデューサーとしての仕事を増やそうとした時もあった。

セルフブランディングをきちんとして発信すれば、望む未来が手に入るはずだ、なんてことを思っていたこともあった。

でも、そんな甘いもんではない。

それだったら、みんなセルフブランディングして、成功している。

上辺をいくら取り繕ってもダメなのだ。

どの決断にも強い信念がなかったのだ。

信念とは、行動の基礎となる態度のことだ。

信念があるから、行動出来る。

行動=チャレンジする人には、チャンスがくる。

信念が土台にあって、その上に熱い思いがのっかり、それを知って欲しいからブログやSNSで発信をするのだ。

何も考えずにただ発信をして、結果が出ないと言っている人たちは、もう一度そこを考えて欲しい。

自分が何度も何度も失敗したからこそ、そう思う。

結局私は、長年その根幹部分=信念と向き合わずにいたのだと。



来月、ホルン吹きでブログをコンスタントに書き続け、多くの支持を集めているごんざゆういちさんとイベントをします。

来場者の方には、ぜひ1人1人にあった発信方法をお伝え出来ればと思うし、その人の個性や状況に合わせてアドバイスをしたい。

でも、音楽に関するその仕事が、本当に心からやりたいことなのか?それはあなたがやるべきことなのか?と考えて欲しい。

儲けることを前提とした、商業的音楽を自分から創り出さない。

生涯をかけて大好きな福知山に関わり、且つ自分の音楽を広めていきたい。

東京に住んでいた3年半で自分が行き着いたのは、この信念でした。

あなたの行動を支える信念は、何ですか?