楽譜へ書き込みをする時に『否定形』を使うのはやめよう

よく吹奏楽部のレッスンへ行くと、楽譜への書き込みで否定形の言葉が使われているのを見かけます。

例えば。。

・すべらない
・大きくならない
・音を張らない

こういう言葉、見たことありませんか?

 

f11c7cf90f00ed5d507c7ef3fc62226f_s

おそらく、指導者の方がこんな言葉を言われたと思うのです。

・すべらないようにしてね!
・ちょっとそこの音大きいね!
・そこの音張らないで!

とかですかね。

ただ、残念な事に人間の脳は否定形の言葉を上手く理解出来ないのです。

脳は否定形の言葉を理解する時にその言葉を一度想像してしまう

例えば、
『すべらない』と書いたとしても、
まず『すべる』状態を想像してから、
それを『しないように!』と考えるのです。

人間は思ったことを実現しようとする性質があります。

つまり、音がすべらないように!と考えて書き込みをしているのに、すべることを考えてしまう=すべってしまう可能性があるのです。

〜しないようにしよう!と気をつけることも必要ですが、それ以上に〜しよう!と思うこと、自分がこんな風に演奏したい!というイメージをすぐに連想出来る言葉を使って書き込みをしましょう。

まとめ

これを知っていれば、最初に紹介した言葉も別の表現に変えた方がいいことが分かります。

例えば、こんな書き込みになるのではないでしょうか。

・すべらない
→音を綺麗に並べる etc.

・大きくならない
→◯◯パートを聞く / 必要な音量の記号 etc.

・音を張らない
→音を抜く etc..適正な音の表現に変える

自分が表現したい音楽がすぐにイメージ出来る言葉を書き込むように出来ると良いですね。

下記のリンクも参考にしてみてください。

◼︎脳は否定を理解出来ない
https://happylifestyle.com/12423

◼︎「・・・しないで!」否定形で注意するのは逆効果?【脳科学】
http://matome.naver.jp/m/odai/2136611961183305501