【動画つき】クラリネットBGストラップを使うとどんな風に音色が変わるの?

今日は腕への負担を軽減し、さらに音色の変化にも影響があるBGクラリネットストラップをご紹介します!


スポンサーリンク

BGクラリネットストラップを買ったきっかけ

もともとこのストラップをかったきっかけは、右手の筋から手のひらがしびれるという謎の現象が起きたから。

手が痺れる原因としては、首の裏の脊椎への負担などが大きな原因になっていることが多いのですが、腕への負担を少しでも軽くしたいと思い購入しました。

BGクラリネットストラップの特徴

BGクラリネットストラップを買ったときはパッケージに入っています。

ストラップをパッケージから出してピアノの鍵盤と比較するとこんな感じ。

首にあたるネックの部分はかなり厚くしっかり作られているので、首を1つの支点にすることが出来ます。

実際に首に当たる部分はすこしふわっとしているので、首が痛くなることはありません。

また、ストラップ部分はゴムで出来ていて、使うほど馴染んできます。

クラリネットの指かけに合わせて2種類の革を用意

BGクラリネットストラップを買うと2つの革がついてきます。

自分が使用しているクラリネットのゆびかけ部分に合う方を使いましょう。

BGクラリネットストラップの使い方

自分の楽器のゆびかけに合う革が見つかったら、実際に吹いてみましょう。

BGクラリネットストラップをつけていないときの演奏姿勢はこんな感じ。

つけているときの演奏姿勢はこんな感じです。

大きな変化はありませんし、使うのになれてくると、ストラップを使用したときに吹きやすい角度も分かってきます。

ちなみに、ストラップをつけたときは『BG』と書いてあるプレートの位置に注意しましょう。

あまり楽器に近づけすぎると、上管に触れる左手とストラップがあたってしまい、吹くときに邪魔になってしまいます。

BGクラリネットストラップの特徴が分かる動画はこちら!

ここまで色々と説明してきましたが、改めてストラップの使い方や、ストラップをつけたときとそうでないときの音色の違いをお聴きください。

地球上で生活している以上、どうしても重力がありますから、重みのある楽器は下に落ちちゃうんですよね。

でも、ストラップがあれば位置をキープしたまま演奏することが出来ます。

とくに、高音はかなりらく〜に出せるようになりますよ!

まとめ

日本のクラリネット界で活躍される方の中にはストラップを使用することに断固反対!な人もいます。

その理由はさまざまだと思いますが、演奏時に手や腕が痛むことに悩んでいたり、ストラップ使用時の音色に魅力を感じているのであれば、まずは一度試してみてほしいです。

自分の可能性を、まずはあなた自身が信じてあげてくださいね。

ではではまたー!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

吹奏楽コンクールの講評でピッチが合ってない、チューニングが合...

徹底比較!クラリネットスタンドK&Mの新タイプ・旧タイプの違...

クラリネットリード10種類の特徴やおすすめポイント

クラリネットの掃除は可愛くて優秀なスワブ『ピカピカ棒’s』に...

ドリームリードの秘密が明らかに!?ザ・クラリネットの取材を受...

プラスチックで出来たクラリネット!?クラリネオを買ってみたよ...