レジェールとレジェールシグネチャーを試奏してみた!

先日、管楽器専門店のダクで、樹脂製リードのレジェールとレジェールシグネチャーを吹き比べてきました。

普段の練習用に使いたいなぁ、と思って試してみました。ダクには比較的いつも本数が揃っている印象があります。

手前の列の左から3本は普通のレジェール。
他のものはレジェールシグネチャーといって、より本来のリードの素材に近いものになります。

  

まず最初にレジェールを吹いて吹奏感や音色、リードの反応をチェック。

以前も吹いた事があったのですが、吹けないことはないのですが、やはり自分が思っているタイミングで音を出そうとすると少し重たい印象でした。
音色も少しモゴモゴと曇った感じです。

そのあとシグネチャーを試してみました。
まず、リードを舐めた瞬間から『あ、違う』とわかると思います。笑
息も入りやすく、よく鳴ってくれます。
音の輪郭は若干普通のレジェールよりもシャープになるような気がしますが、自分でコントロール出来るレベル。

本当に個体差があるので、楽器屋さんで試奏出来る方は、必ずきちんと楽器に合うものを選ばれた方が良いです。

結果的に、シグネチャーの3半(3と1/2)、3と1/4の2枚を購入して帰りました。
個体差もありますが、比較的にかなり鳴りやすいので、普段厚めのリードを好んで使っておられる方には4がオススメです。

1枚3450円で買えました(^^)
特殊管の使用頻度がそこまで高くない方は、リードを毎回買うよりレジェールを使う方がお値段的にもお得♪

ぜひ一度お試しください!

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

今使っているリードと私流のクラリネットリードの育て方

演奏時間たった30秒!ストラヴィンスキーのクラリネット無伴奏...

【動画つき】シュトイヤーの『エクセクルーシブ』のクラリネット...

冬の時期にクラリネットを演奏するときは2つの対策をしよう!

プラスチックで出来たクラリネット!?クラリネオを買ってみたよ...

クラリネットで音大受験をする時はB♭管だけ持っていればいいの...