楽器調整こぼれ話

楽器を調整するとき、技術者の方といろんなお話をします。
いろんなお話を聞いた中から、こぼれ話をひとつ。

86f99fd2b4f20d3594855b0bb5f52917_s
今の楽器調整技術は昔と比べるとかなりレベルが上がっていますが、昔はそうじゃなかったわけです。

だから、みんな自分である程度調整しちゃう人も多かったそうです。
でも、自分で出来ることやその完成度は色々。
つまり、トーンホールのクリーニングはやったことがない→調整に持って行ってトーンホールクリーニングをすると、何だか違和感がある…
いう方もいらっしゃったそう。

時代が移り変わり、今は楽器自体の性能や精密さも高まってきました。
今は楽器屋さんで調整する方のほうが圧倒的に多いと思いますが、きっと、調整が自分で出来る人って『楽器との対話』を密に行っていたんだろうなぁ。

そう考えるととっても楽しそう。

私は調整は出来ないけれど、いつでも楽器の状態に対して敏感でありたい。
楽器との対話を心がけていきたいなぁ、と思ったのでした。

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

本当に買って良かった!クラリネットおすすめアクセサリー9選【...

クラリネットの掃除は可愛くて優秀なスワブ『ピカピカ棒’s』に...

生誕245周年!ベートーヴェンが生んだクラリネットを含む室内...

ドリームリードの秘密が明らかに!?ザ・クラリネットの取材を受...

速いテンポでのスタッカートのコツとフレーズの吹き方

クラリネットリード10種類の特徴やおすすめポイント