ブラジル音楽シーンを代表するアントニオ・ロウレイロのライブから刺激を受けまくった夜

昨日はブラジルの音楽シーンをリードする
アントニオ・ロウレイロのライブを聴きに、姫路にあるハンモックカフェへ行ってきました!

コンポーザー/マルチパーカッショ二スト/ピアニストなど
多彩な才能を発揮している彼ですが、今夜はピアノ+歌で素晴らしいshowを見せてくれました。

私にとって本当に衝撃的な出会いだったジョアナ・ケイロスのアルバム
彼のアルバムの両方にサインしてもらいました。

私がジョアナのアルバムの曲を演奏した話とかを少しさせてもらった後に写真撮影をお願いしたら
「ジョアナのCDを表にしよう」と言われてそのまま撮影。

ジョアナとあなたにキスを!って書いてくれました。

私は好きな音楽を聴くことで思考がまとまっていく事がよくあって。
悩みごとを相談するのより効果がある時もあるくらい。笑

そんな私ですが、
昨夜のライブではかなり色んな事が整理出来ました。

そういえば最近ブラジル音楽を聴いてなかったけど、
やっぱりブラジルの独特のリズムや和音の移行、
波に漂うような抒情的な音楽は私を魅了してやみません。
クラシックやジャズにはない、普段触れることのないものに惹きつけられるのかな。

何より彼は私と同じ年なので、そういう意味でも刺激受けまくってました。
来れて良かった。。。
本当に刺激的な夜でした。

ハンモックカフェを経営されてるご夫妻もすっごく素敵な方で。
お料理も美味しかったです♪

今日は開演時間の8時には辺りは本当に真っ暗だったんですが、
また明るい時に行きたいなぁ。

気になるCDが山ほどあるハンモックカフェ。
ここんとこあんまり聴けてなかったブラジル音楽の良さを改めて感じました。

とりあえずこの2枚を連れて帰宅。

左:ANTONIO LOUREIRO アントニオ・ロウレイロ イン・トーキョー
右:ANDRES BEEUWSAERT アンドレス・ベエウサエルト クルーセス ~ 交差する旅と映像の記憶 ~

今月はちょっと気になるCDが多過ぎて困ってます…
まぁ、芸術の秋ということで、、、苦笑