此の五人だからこそ紡げた音楽。

先日吉田佐和子Quintetのライブが終了しました。
沢山の方々にお越しいただき、おかげさまで満席となりました。

12509207_1006926449368817_3406615821092565024_n
吉田佐和子Quintet < mix side >
clarinet 吉田佐和子
flute 多久潤一朗
oboe 宮村和宏
piano 伊藤志宏
percussion 石川智

1曲多久さんの曲を演奏しましたが、あとは私のオリジナルをお聴きいただきました。
多久さんの曲は吹きごたえあり、聴きごたえありの1曲でした!
オーボエの宮村さんが結構大変なことをしておられるそうですが、お客様には伝わらないという…笑

翌日にあったヤマハでのコンサートで演奏する為に作曲した『藤の花咲く頃に』も凄く良い感じに仕上げていただきました。

みんな天才です。

正直、日本でこれ以上のメンバーはいないと思ってます。
本当にこの上ない喜びでした。

Twitterでも皆さん嬉しいことを呟いてくれてましたね。
ありがとうございます。

このあとお礼に伺いますです。

共演者の多久さんと宮村さんも嬉しいこと呟いてくれてました。

そうそう、LINE@でご予約くださった方もいて、凄く嬉しかったです。
差し入れをくださった方にも感謝。
あなたがくれたお菓子でこの数日生き延びてます。

あとあと、『heart voice』は挾間美帆さんのアレンジverでお届けしました。
このメンバーで音を出すと格別ですね。

GrecoのFBページに少し動画が上がっております。
是非ごらんください。

1/18 吉田佐和子QUINTET〜mix side〜多久潤一郎fl宮村和宏ob 伊藤志宏p石川智perジャズとクラシックそれぞれでカルテットを組み活動してきた佐和子さん、念願のMIX SIDE。全編書き込まれたオリジナルで奏者は唸り観客は大喝采でした。HEART VOICE 吉田佐和子

Posted by 大塚 GRECO on 2016年1月17日

また春頃に再演したいな。
みなさま本当にありがとう。