故郷に移住することってそんなに素晴らしいことなの?

こんにちは。
クラリネット奏者の吉田佐和子(@sawaclarinet)です!

「福知山を拠点にします!」と言ったら

『月にどれくらいいるん?』

『本当に住んでるの?』

という質問がそれはもう頻繁にくるようになったわけですが

どこにどれくらい居るか?

ってことよりも

どこで誰とどんなことをやるか?

そこに住む人たちとどんな関わり方をしてるか?

ってことの方がよっぱど大切だと思うんですよね。

私は、自分の音楽を高め続けていく事と、福知山の文化を発展させていく事に人生をかけてます。

だから、それを達成するために、東京に居たり、大阪に居たり、福知山に居たりするわけです。

先日、『住み開き』の提唱者でもあるアサダワタルさんのこんなツィートを見ましたが、以前私も似たような経験があったので、凄く共感してしまいました。

以前、私が東京に住みます!って言った時に『福知山の事はもういいんやな』みたいなことを言われたことがあって。

こいう人が『許す』のって

福知山にずっと住んでる人だけなんですよね。

その人がそこで何をしてるか?じゃなくて、とりあえず住んでいることが一番良い、みたいな。

これって、凄く閉鎖的な考え方だと思う。

福知山と関わる人を増やしていかないと、住む人だって増えない。

14666304_1203759533018840_7732116587968467894_n

住んでる人を増やしたい=若い人に地元に帰ってきて欲しいと思っているものの、そのハードルを上げているのは、他の誰でもなくそういうことを気軽に口にしてる人なんじゃないかなって思う。

まちが好きっていう根っこの部分は同じはずだから、仲良くなれるはず。

私は、色んなチャレンジ、色んな生き方を許容出来る福知山であって欲しいし、自分がそういう受け皿を作っていきたい。

福知山が大好きやからね。

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!