clarinet

トリルやクォータートーンなどクラリネットのややこしい運指表

楽器を吹いていると、運指に迷うことって絶対ありますよね。

今日は高音のトリルの運指についてご紹介したいと思います。

こちらのサイトを見ましょう。

http://www.wfg.woodwind.org/clarinet/

ちなみに、全部英語ですが、どこに何について書いてあるのかご紹介しておきますので、必要なところへ飛んでみてくださいね。

1.まずはここを見ましょう。

http://wfg.woodwind.org/clarinet/cl_fing.html
クラリネットのキーや穴に番号がふってあるので、どの番号がどのキーにあたるのかわかる様にしておきましょう。

2.運指表(♭B管クラリネット:ベーム式)

替え指も含めて表記してあります。

ミ~♭シ
http://www.wfg.woodwind.org/clarinet/cl_bas_1.html

シ~ド
http://www.wfg.woodwind.org/clarinet/cl_bas_1.html

♯ド~ソ
http://www.wfg.woodwind.org/clarinet/cl_bas_1.html

♯ソ~♭シ
http://www.wfg.woodwind.org/clarinet/cl_bas_1.html

3.運指表(アルト・バス・コントラバスクラリネット:ベーム式)

替え指も含めて表記してあります。

http://www.wfg.woodwind.org/clarinet/cl_bas_1.html

リンク先は最低音のミ〜のページです。

続きを見るにはリンク先のページの最下部をクリックしましょう。

4.トリルの運指表

http://www.wfg.woodwind.org/clarinet/cl_tr2_1.html

リンク先は最低音のミ〜のページです。

続きを見るにはリンク先のページの最下部をクリックしましょう。

ややこしい運指もこれで解決ですね!

持ってて絶対損はしない!クラリネット奏者は必携の教本

ウェブで運指を確認するのもいいけど、やっぱり紙面で確認したいときってありますよね。

横川晴児先生の教本には、後ろの方にクォータートーンの運指や高音域の運指が載っています。

音階もアイヒラーの音階本よりも音域が広くなっており、アイヒラーを終えた人にもおすすめです!

まだ持っていない人は是非購入してみてくださいね。

ABOUT ME
吉田佐和子
吉田佐和子
パリ在住のクラリネット奏者。京都府福知山市出身。オリジナルアルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルでお聴きいただけます。使用楽器はYCL-SE Artist Model。ブログではクラリネットのことや日々の様子を綴っています。
関連記事