シュトイヤーの『エクセクルーシブ』のクラリネットリードレビュー

今日はフランスのメーカーシュトイヤーから発売された『エクセクルーシブ』というリードを吹いた感想をお伝えしていきます!

基本情報

箱を開けるとこんな風にリードが入ってます。

取り出してみると10枚のリードが紙のスリーブに入っています。

エクセクルーシブリードの3つの特徴

わたしが実際に吹いて感じたエクセクルーシブのリードの特徴は3つ。

  1. ヒールが厚く抵抗感がある
  2. リードの素材である葦の根元部分からまっすぐ葉の部分に沿ってカットされているので、余分な水分の吸収が抑えられる
  3. 特に高音域の音色が太く豊か

このリードはバンドレンのV12に近いカットなんですが、ヒールが厚めなので結構抵抗感があります。

選ぶなら普段使っているものより0.5薄いものがおすすめです。(削る人はいつも通りで良いかと)

また、余分な水分の吸収が抑えられる葦のカット方法になっているので、結果的にリードが長持ちする可能性が他のリードよりも高いようです。

エクセクルーシブのリード(3.5)を実際に吹いてみました

実際に吹いてみないとどんなリードか分からない!ということで、エクセクルーシブのリード(3.5)を吹いてみました。

ヒールが厚いこともあり、やはり抵抗感をしっかり感じました。

ある程度の抵抗感は必要だと考えていますが、ヒールが厚いと吹きづらく感じることが分かりました。

音色はきらいではないけれど、リードを変えるほど魅力的かと聞かれるとそうではないかな・・という感じだったので、もう一度買うことはないと思います💦

まとめ

個人的な好みとは少し合わなかったものの、ヒールが厚くできているためHighB♭よりも上の音をもっと豊かな音色で演奏したい!という人や、抵抗感のあるリードを探している人にはオススメのリードだな、と感じました。

気になった方は、ぜひ一度試してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

一般社団法人福知山芸術文化振興会 代表理事 / プロデューサー / クラリネット奏者 / プロデューサーとして故郷で音楽ホールを中心とした新拠点創造プロジェクトを進行中🕊オリジナルアルバム収録曲はiTunes・Spotify・YouTubeでお聴きいただけます。

目次
閉じる