プラハ観光!食事とコンサート&バレエ鑑賞まとめ

先日、プラハへ行ってきました。

今回の旅の目的は完全にテレジーンへ行くことだったのですが、プラハの街もいろいろ楽しんで来たので、ご紹介します〜〜

謎の高速演奏会

まず、偶然通りかかって見つけたコンサートの予約をしました。

わたしが行ったのはMunicipak Houseで行われていたコンサート。

ここの昼間の観光客向けのコンサートは、全ての曲が高速に演奏され、演奏者は観客の反応に感心することなく機械的に次々に曲目を演奏していきます(涙)

ここだけではなく、プラハの街ではさまざまな場所で観光客向けのコンサートが行われていますが、ここのコンサートがあまりにも酷くて、他の場所もそうなのかなぁと思わざるを得なかった。。

一緒に行った友達も『全然感動しなかった』と言っていたので、もし行くのを検討されている方がいたら、編成をよく確認して行ってください。

わたしが見たのは弦楽7重奏での演奏でしたが、オーケストラの公演であればおそらく観光者向けの内容ではないはずなので、きっと満足できると思います。

ちなみに、ここの大ホールはとても美しいので、一見の価値あり!です。


有料ではありますが、この建物のガイドツアーもやっているようで日本語のガイドブックもありました。もし興味のある方は訪ねてみてください。入口を入って左手の窓口でガイドツアーの申し込みができます。

バレエ『白鳥の湖』を鑑賞

人生でバレエを見た記憶が全くないので、これが多分初めてのバレエ鑑賞だと思うんですが、昼間のコンサートと同じように観光客向けの公演でした。ただ、こちらの方がよりおすすめできます。

会場は昼に演奏会を聴いたMinicipal Houseの向かいにあるHibernia Teaterでした。

バレエの公演って結構お値段もするんですが、そこまで値段も高くなく、公演開始時間が21:30からというのも夜をしっかり楽しむ感じでいいかなぁと。

ちなみにこの公演が終わったあと、まちの殆どのお店は閉まっていました。

平日だったからかなぁ。パリは割と夜遅くまでやっているお店がたくさんあるので、少し意外でした。

少し小腹が空いたのでマクドナルドに寄りましたが、チーズバーガーと小ポテト、小ドリンクで4ユーロくらいでした。

プラハに来たなら食べたくなる!?チェコ名物のトゥルデルニーク

プラハのまちの至るところにある、チェコ名物・トゥルデルニークのお店。

結構大きいので、2人で1つで十分かも?

味が色々あって、わたしはシンプルにチョコレートを中に塗っただけのものにしましたが、クリームを入れたり、バニラやベリーの味のものもありました。

昼ごはんはおいしいフレンチレストランへ

昼ごはんは、先に紹介したホールや劇場の近く、Republic Squareのすぐ近くにあるレストランLa Gereへ行きました。

パリから来てフランス料理って。。という感じかもしれませんが、ここのお店がすごく美味しくて、ここは入って正解でした!

特に友人の食べていたパスタは10ユーロ以下。パリでは考えられない安さです。

ミネラルウォーター、グラスワイン1杯、メイン2皿、カフェ2杯で33ユーロ。むちゃくちゃ安いです。プラハ素晴らしい…

ちなみにRepublic Squareではこんな感じで小さな屋台がたくさん出ていたので、そこでさくっとご飯を食べるのもいいかも。

夜ご飯は老舗のビアホールで

チェコの料理を食べたい!と思いつつ、チェコといえばやっぱり黒ビール!ということで、老舗のビアホールU Flekůへ行って来ました。

店内に入るとすぐにちょっとしたお土産コーナーがあります。

店内はとても忙しそうなのですが、店員さんが声をかけて案内してくれるので、入口で待っていましょう。

店内はすごく広くて、アコーディオン奏者の方が2人いて生演奏を聞かせてくれるのでとても楽しい雰囲気を堪能できます。

あの雰囲気は絶対楽しいと思うので、是非味わって欲しいですね。

ちなみに、席に着くと黒ビールいる?と聞かれます。この料金は飲んでも飲まなくても1杯分は必ずとられるようです。(日本の居酒屋のお通しとか突き出しみたいなものですかね..)

わたしが頼んだのはこちら。この黄色いソース、結局最後まで一体何なのかよくわからなかったんですが、手前にはお肉とホイップクリームが添えてあります。白いものはパンです。


個人的には写真奥のビーフシチューの方をオーダーするのがおすすめです。

あとお店の開店時間が長く、大人数でも入れること、料理提供までの時間も短かく時間がないときでも行きやすいと感じたこともおすすめのポイントです。

プラハ中央駅内のカフェもおすすめ

空港とプラハ市街地間はバスで行き来したのですが、その際に利用するのがプラハ中央駅。

かなり広い駅なんですが、中に入るとこんな風に内装が美しい場所があります。

そこのカフェで初めてアイリッシュコーヒーを飲みました。

アイリッシュコーヒーってただのアイルランドのコーヒーだと思ってたんですが、ウイスキーリキュール入りの立派なカクテルでした。

このカフェには旅の終わりに訪れたので、旅の締めにもなってちょうど良かったかも。

プラハの街並み

プラハの市街地は可愛いトラム(路面電車)が走っています。

また、街並みも少し淡い色味が多かったです。

プラハ城から眺めると、オレンジの屋根でいっぱいなんですけどね。


パリのセーヌ川を思い出す、遊覧船もたくさん見かけました。


こんなアート作品に突然出会えることも!(おじさんが宙に浮いていました)

さいごに

プラハの市街地はこじんまりとしていて、トラムや地下鉄を乗りこなせば移動はとっても便利。また、Uberも普通に使えたので、アプリに入れておくと便利だと思います。

今回の旅の様子は、いくつかの記事にまとめています。

写真を見るだけでも楽しんでいただけるものも多いので、ぜひそれぞれご覧くださいね〜

Related Entry

南スペインの白い村・ミハスに行って来ました

世界遺産に登録されたボルドーワインの産地サン・テミリオンを堪...

プラハでの交通手段詳細(空港〜プラハ市街地、地下鉄のチケット...

ダンケルクで映画『ダンケルク』を見てきました。

[2018年版]プラハからテレジーンへのバスでの行き方

【動画あり】チェコのテレジーンでユダヤ人収容所となった小要塞...